おなか周りの脂肪対策に!デニムをはくだけで手軽できる体形維持の方法【体験談】

ふと鏡に映る全身を見て目をそらしたことはないでしょうか。アラフォー世代の私には、このようなことがしばしばあります。「いいや、この鏡は膨張して見えるタイプの鏡なのだろう。だから下半身はふくよかで、全体的に丸みを帯びて見えたのよ」。もうこんな自己逃避は卒業したい。そこで、加齢とともに増える脂肪対策として、デニムを活用した体形維持を習慣にしています。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

体重からはわからない増殖する脂肪

ヘルスメーターに小まめに乗って体重を把握していると、ダイエット効果があるということは、さまざまなメディアで目にしたことがあります。私はそれを信じ実践していました。20~30代までは都内に勤務していましたので、百貨店で購入するブランドスーツを愛用していました。アラフォーからアラフィフへとステップアップする年齢の現在は、都内勤務を辞め、在宅ワーカーとして働いています。

 

スーツとは縁がなくなったとはいえ、なかなか捨てることのできない高価だったスーツを一掃する前に着てみて愕然(がくせん)としました。ジャケットは問題なく着ることができるのですが、スカートのファスナーがしまらない。大きく息を吸っておなかを引っ込め、息を止めてファスナーをどうにか上げ切っても、鏡に映した姿はスカートの似合わない姿でした。

 

私は社会人になってから5kgを超える体重の増減がほとんどないにもかかわらず、加齢によりおなか周りに脂肪を蓄えてしまっていた現実を突きつけられたのです。

 

ストレッチ効果のないデニムで現体形を知る

デニムを履くだけ! 増えた皮下脂肪を明確化して体型をキープ【体験談】2

 

20~30代に愛用していたスカートがはけなくなった今、思い出したことがありました。テレビでアラフィフの女性モデルが「デニムを時々はいて体形チェックをしている。デニムは伸縮しないから、体形が変わったら明白にわかる」と言っていたことを。デニムは経年変化を楽しむという素材です。クローゼットの見直しをしても、捨てずに収められている可能性が多いと思います。

 

私の場合も同様で、20代のころから愛用しているデニムを今も持っています。ただ、ここ数年ははいていませんでした。そこで久しぶりに以前のデニムをはいてみると、ファスナーが途中までしか上げることができません。デニムをはいてわかったことは、おなか周りに脂肪を蓄えてしまったことと、太ももの筋肉が落ちてしまったことです。女性モデルに習い、私も20代のころに愛用していたデニムを体形の基準値として時々はくことにしました。

 

それから2年ほどがたち、今ではデニムをきつく感じると夕食を少なめにしたり、健康維持のために始めたウォーキングを多めにしたりしています。

 

 

体形維持と健康維持が同時に実現!

ウエストイメージ

 

私は体形の基準値としているストレッチ効果のないデニムを時々はいて、すんなりはくことができるかどうかを体形維持のバロメーターとしています。

 

デニムがきつくなれば、無理のない食事制限をして、無理のない運動をする。この習慣のおかげで、体形はもちろん体力増進につながったように感じています。1日に10km歩いても疲れることはなく、質の良い睡眠を取ることができます。

 

まとめ

デニムをはくだけという手軽にできてお金がかからない習慣が、私にとっては体形維持だけではなく健康維持もできているという実感があります。若いころと比べて変わるものは体形だけではなく、体力や姿勢、モチベーションも同様です。これらの課題にもきっと、普段の生活に手軽に取り入れることのできる対策があるはずですので、探し続けていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/村澤綾香

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:瀬戸 瑤子

四十路を迎えたあたりから感じている体力や容姿の衰え対策は、「自分にできる範囲で無理をしない」をモットーに取り組んでいる。10年後も、保護猫出身の愛猫たちと笑顔で過ごしていることが目標。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶