「うねりやパサつきも…」40代で髪が変化、美容師のアドバイスを実践してみた結果【体験談】

若いころからパーマやカラーリングで髪が傷むことはあったのですが、たとえ傷んでもパーマをやめてしばらくすれば、元のツヤ髪が戻ってきていました。そう、30代までは。それが40歳を過ぎてからは、パーマもかけていないのに毛先がうねったりパサついて手ぐしが通らなかったり……。そんな髪の変化に悩んでいたとき、追い打ちをかけるように美容室で言われたひと言がきっかけとなり、ヘアケアを見直すことにしました。

 

髪の加齢は白髪やパサつきだけじゃなかった

40代になって髪が傷むパーマをやめ、傷みが目立ってしまうロングヘアもやめ、だましだまし髪の毛の加齢とお付き合いしてきました。それでもパサつきやうねりは、どうしてもごまかし切れない。悩んだ私は、美容室を髪のダメージケアを重視している店に変えてみました。そこで美容師さんに言われたのが、「髪の毛にコシがないですね~」というひと言。

 

言われてみれば若いころはもっとコシがあった……。これは図星で本当にショックでした。でもよく聞いてみると、加齢に加えてシャンプーやコンディショナーのせいでハリやコシが失われることもあるらしいのです。そこで、美容師さんにおすすめのケアを教えていただきました。

 

シャンプーを変えてみることに

シャンプーイメージ

 

美容師さんに聞いたところによると、まずドラッグストアなどでよく売られている泡立ちの良いシャンプーは、石油系の合成界面活性剤を使っているものがほとんど。これらのシャンプーは洗浄力が強く、髪を乾燥させやすいのが特徴とのこと。そのため、シリコン入りのリンスやコンディショナーで髪の毛をコーティングし、そこにツヤや潤いを補う必要があるのだとか。問題はこのコーティングが、髪の毛だけでなく頭皮にも付着すること。そのせいで毛穴が詰まったり、皮膚に石油成分が蓄積されたりと、頭皮に悪いことが多いそうなのです。

 

合成界面活性剤が使われていない“アミノ酸系シャンプー”なら、洗浄力がやさしく保湿力も高いからリンスが不要になるということなので、通信販売で約3,000円のアミノ酸系シャンプーを購入して使ってみることにしました。

 

 

気になる成果とコスパは?

シャンプーを変えて約1年。コンディショナーやトリートメントも使わなくなったのにパサつきは改善。コシも戻ってきたように感じます。何より美容師さんに「今日もツヤツヤですね!」と言われるように。

 

通信販売のアミノ酸系シャンプーはお高いとイメージがあり、今まで量販店で手ごろなシャンプーを買っていた私は「シャンプーだけでこの値段!?」と、初めはびっくりして気が引けました。でも、今まではシャンプー+コンディショナー+トリートメントで、2,300~2,400円くらいはかかっていたんです。今はたとえシャンプー1本が約3,000円でも、コンディショナーもトリートメントも不要なので、実際は数百円程度のコストアップで済んでいます。

 

まとめ

わずかなコストアップはありましたが、加齢でパサついていた髪がツヤツヤになって、しかもコンディショナーやトリートメントをする必要がなくなったためにお風呂時間の時短にもつながり、十分元は取れているかなと思います。これからは髪だけではなく体の他の部分にも加齢を感じるようになってくると思います。シャンプーだけでなく、体のケアに使うものについても成分に注意して、厳選していきたいと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:高木 ぷぅ

約20年ソフトウェア開発の仕事を続けてきたが、40代に入り体力の限界を感じて退職。在宅ワーカーとしてよちよち歩きを始めたばかり。旅とお散歩、おいしいものを食べることが好き。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶