頭皮を制する者は美肌を制す!?おうちでケアできるヘッドマッサージ機で肌と髪が若返った!【体験談】

アラフィフになると、友人の結婚式もなくなり華やかな場所に出席する機会が少なくなってきました。そんな中、甥っ子や姪っ子の結婚式に出席する機会が訪れました。久しぶりの華やかな宴に気分はアゲアゲ。さて、それまでにすべきことは、何年かぶりの着用で入らなくなったフォーマルウエアのために痩せること。そして、お肌の回復。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

 

続きを読む

頭皮は顔の延長線。頭皮だってお肌の一部

まずは、結婚式までに集中エステ。高い美容液を塗って、ファイスマスクも毎晩貼って、マッサージ。とはいっても付け焼刃では限界あり……。

 

美容番長のママ友に相談したところ、
「お肌のケアはこのまま継続して、次にやるべきことは頭皮よ!」とのアドバイスをもらいました。番長は、頭皮への美容針とヘッドスパを取り入れたところ、お肌の調子がとてもよくなったとか。考えてみると、おでこの生え際までは美容液などでケアをするけれど、おでこの生え際から先はトリートメントくらい。でも、おでこの上の頭皮もお肌なんですよね。顔の下の首はケアするけれど、たしかに頭皮は手抜き。頭にはツボも集まっているし、頭皮の血行がよくなればお顔の血行だってよくなるはずです。

 

自宅で気軽にできるヘッドマッサージは買い!

美容番長にすすめられた頭皮の美容針とヘッドスパ。とりあえず、ヘッドスパへ。超微粒子のお湯で毛穴の脂を取り、頭皮のツボをマッサージ。終わると、なんとなく血色もよくなり、フェイスラインもスッキリ引き上がったような気がしました。

 

さて次は、美容針といきたいところですが、針はちょっと怖くて敬遠……。お値段も1時間15,000円もしたので財政がついていかず予算オーバー。そんな話をヘッドスパのスタッフにしていたところ、自宅でできる頭皮マッサージ器をすすめられました。それなら毎日続けられそうです。

 

ヘッドマッサージ器

 

でも、ネットで調べたところ5,000円の安価なものもあるけれど、機能を比較するとやっぱり10,000円以上のものが欲しい。しかし、予算オーバー(泣)。そんなとき、見つけました、ふるさと納税で! 約40,000円もするヘッドマッサージ器が出ていました(写真)! 迷わずポチッです。

 

動きはプロのマッサージ並み

いや~~! 気持ちいいです。うにゅうにゅ動く6本のアタッチメントが頭皮をしっかりとつかみ、頭皮をもみほぐしつつ引き上げていきます。その“うにゅうにゅ”はまるで人の指のよう!

 

顔の表情筋とつながる頭の筋肉(深頭筋)に刺激を与えることで、たるんだ肌やフェイスラインをスッキリするんだとか。頭皮に当てる位置で“フェイスラインスッキリコース”“目の印象スッキリコース”“おでこの印象スッキリコース”などがあり、当然、貪欲に全コースを制覇です。

 

髪にツヤとコシを与えるうにゅうにゅ効果

続けること1カ月。自分で言うのもなんですが、肌にハリが出てきたような気がしています。そして、何より髪にツヤとコシが出てきました。自分評価だと甘くなるので、美容番長にも会って確認したところ、「肌も髪も効果あり! 合格!」のお墨付きをいただきました。

 

美容のケアは、続けなければ効果なし。そのためには、簡単なこと、気持ちがいいこと、お金がかからないことが大切。このヘッドケアなら、テレビを見ながら“うにゅうにゅ”。お風呂に入りながら“うにゅうにゅ”。布団に入ってから“うにゅうにゅ”と、お手軽なのが何よりうれしい♪

 

まとめ

いつも一緒に仕事をしているカメラマンいわく、「女性の年齢は、肌はもちろん、何より髪にツヤとハリがないと老けて見えるから、もっとアラフィフは髪のケアに気を遣うべき!」と。肌がツヤツヤでも、髪がパサパサだと、一気におばさんになってしまうそうです。頭皮をケアすることで、フェイスラインもスッキリ、髪もツヤツヤで一石二鳥! 気になる方はまずは5,000円クラスからでも、ぜひお試ししてみては?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:井上 裕紀子

読モを経て、ファッション誌、情報誌などのフリーライターへ。しわ、肝斑、たるみ、更年期太りと苦しい戦いを続けつつも、その先にいったい何があるのか見えない迷える五十路女子。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP