生理休暇を毎月取る同期。同僚が放った嘆かわしい言葉に職場がざわつく…!

2020/04/05 18:55
227
福利厚生に組み込まれている、生理休暇。しかし実際の取得率はなんと1%以下だそう。この生理休暇の取得率の低さの理由は、生理への理解不足が原因のひとつだと思うんです。それを実感したエピソードです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
生理
PMS(生理前症候群)

福利厚生に組み込まれてい「生理休暇」。しかし実際の取得率はなんと1%以下だそう。この生理休暇の取得率の低さの理由は、生理への理解不足が原因のひとつだと思うんです。それを実感したエピソードをお話したいと思います。

 

先輩看護師が「生理の重さは人によって程度が違うから仕方ない、救急車を呼ぶ人もいる」と話しても、男性看護師は「生理痛で救急車呼ぶの? その人おかしくね?」と…!!!

こんなにも生理や生理休暇に理解がないのか……と悲しくなりました。  

 

女性である以上避けては通れない生理。症状の程度も個人差があるということを男性にも理解してほしいと思った出来事でした。

 

そして、働く女性たちが「生理休暇」を後ろめたさなく取得できる環境になっていけばいいなと思います。

 

 

原案/おかゆさん

作画/まっふ


  • 個人差あるにしても、生理痛で毎月仕事を休むってのは、あきらかに生活に支障をきたしてるわけなんだけど、それなのに治療をしない人は理解できない。
    そういう人って鎮痛剤はのんでないのかな。飲んでても効かないなら、もっと不味いし、病気を疑った方がいいわ。自分の身体でしょ? 女性として恥ずかしくないのかな。
    生理痛酷くても放置してるなんて、歯が痛くても歯医者いかない虫歯だらけの人と変わらないよ。

    2020/04/06 01:14
  • まずこの男性方、看護師なのに恐ろしい…生理が重くて病院に来る患者にも無理解なんだろうな。こういう考え方でなぜ人をケアする仕事に就こうと思ったんだろ。
    また、無知故に無理解な人(男女共に)に生理が酷い人のを説明するのに、救急車呼ぶ人もいるってのが有効な人もいるけど、症状の内容と、他の痛みに例えて説明しないとイメージ出来ない人もいるかと。教え方にもきっとポイントがあるかと。
    生理で休むくらい重い人には、あらゆる健康法や薬や通院しても治らないとか薬があまり効かない人もいる(栄養や運動や睡眠や冷やさない事は結構響くものと思う、でも冬でもスパッツやタイツ履かなくて生理痛激しい人っている)。
    一方、薬は飲まない人も飲めない人もいそう。
    飲めない人については仕方がない。
    普段の健康管理がなってない人も、病院に相談してない人も、または一軒くらいの病院の診断で終わってしまってる人も、確かにいる。
    生理不調って西洋医学では解明できてない事は多いってお医者さんが言ってた、
    また、漢方薬で改善する事も整体で良くなる事もある。症状のありようによるだろうけど。
    だから、ひとつくらいの病院に行ったり薬飲んでもダメってだけで諦めている人はまだ調べが足りないのは事実。
    自分で様々な対処を尽くしてないままとか、それで休んだりって人に関しては、確かにいろんな意味で考えは足らないとは言える。
    生理が重くて…という人にも、色々なタイプがあるから、全員に対してただただ肯定とも否定とも決め付けられないかと思う。

    2020/04/06 13:54
  • 男性とはいえ、医療関係者それも看護師の発言とは恐ろしい。苦しんでいる患者に平気で根性論を唱えそう。是非看護の基礎から学び直すか、現場の混乱を招くだけだから辞めてくれ。

    2020/04/06 15:31
  • 日本の性教育の足りなさがこういう時に現れますね。
    かといって、自分がなったことない、体験できない身体なのに「甘え」「おかしい」というのは言うのがおかしい。
    そして辛い人には病院に行ってみてほしい。本来生理が痛い、というのはおかしい事だと先生が言ってましたので…

    2020/04/06 18:32
  • 記事の趣旨とはズレますが、生理痛、放っておいているとも言い切れないかもしれません。


    出血はもちろん、腹部全体の張りと痛みで身体を捻ることもできず(例えるなら毎月陣痛が来るみたい)、病院に毎月のように通っていました。

    私の場合は39℃の発熱もあり、職場にはそれを理由に有給とってましたが、男性産婦人科医は毎回、ボルタレン座薬を処方するだけ、、、

    総合病院だったのですが、代診の先生があまりの痛がりよう(椅子にまっすぐ座ってられない)にピルを処方してくれた際には、「服用にあたっての血液検査で白血球が高かったので、ピルは飲まないでください」だけで、血液検査の異常は放置

    病院に行ったところで、医者が無知、無理解だと治るものも治りません。
    病院が大きいからって信用できるとも限りません。


    通院2年目、腹痛で緊急入院、緊急転院、緊急手術、、、九死に一生を得ました。原因はもちろん(?)婦人科にありました。

    2020/04/08 07:27
  • >個人差あるにしても、生理痛で毎月仕事を休むってのは、あきらかに生活に支障をきたしてるわけなんだけど、それなのに治療をしない人は理解できない。

    と書いている人もいますが・・・
    逆に、治療したら治ると思っている人がいることが私には理解できないです。

    私も生理痛がひどく、救急車で運ばれたことも。
    もちろん、投薬治療しています。(今は漢方薬)
    医者から鎮痛剤ももらっています。毎月、産婦人科に通っています。
    ピルも飲んでいましたが、副作用がひどく、そちらも生活に支障をきたしたので、医者から辞めるように言われました。

    ほかの方も書いていますが、生理痛はまだ西洋医学では解明できていないことも多く、治療したから治る。薬を飲んだから治る。ということはありません。
    処方してもらえないような高い漢方薬に頼ったことも、整体に通ったことも。電気に通ったことも。冷えがいけないと言われれば、冷えを予防したり。

    産婦人科医には怒られましたが、産婦人科医を何か所も回ったりもしました。

    あらゆるところで言われました。

    「妊娠したら治るよ」
    「子宮を摘出したら治るよ」

    あなたは、結婚前に子宮を摘出することができますか?
    子どもが欲しいと思っているのに、子宮を摘出できますか?
    逆に子供が欲しくないのに妊娠できますか?

    毎月、生理が来ることが苦痛でたまりません。
    この辛い生理痛を理解してもらえないことが私はとても悲しいです。

    2020/04/09 13:11
  • 私も生理痛がひどい一人でした。
    個人差のあることなので、軽い、重い、の解釈も人それぞれですよね…。理解が得られないと、本当に辛いことだと思います。
    婦人科で調べた結果は、『子宮後屈』
    治療出来るものではありません。
    普通は、前屈しているのが正常です。
    出産したら、後屈が治る、と言われ、
    本当に、出産後、パッタリ、生理痛の痛みがほぼ無い人となりました。
    なので、生理痛が楽な人と、痛くて倒れてしまう人の気持ちが両方とも分かります。
    ぜんぜっん、違います!!!
    どのくらいの痛みかと言うと、
    ハンマーで叩かれてるかと思うほどの痛みの出産ほどではやはり無いですが、元々、我慢強い方でしたが、痛み止めも効かない!と思うほど痛くて、倒れてました。
    部活が高校まで器械体操部で筋肉質でしたが痩せていて、血圧低く、貧血あり。
    部活をしている時は、痛みをあまり感じることはありませんでした。
    普段から鉄分処方があり、直前や最中は鉄分を控えるなど対処していましたが、コアグラもかなり量が多いのですが、それが、部活が終了して体を強く動かさなくなっていくと、徐々に年を追うごとに、毎回、生理の時に、痛みと同時に貧血で目の前が真っ暗になり、倒れる様になっていきました。
    何故か、激しい下痢も、1〜2日目は毎回、襲われました。
    痛み止めを飲んで、数時間ぐっすりと眠らないと、治らない、といった感じです。
    就職後、普通の休暇を生理予定日を計算して、あてていました。すぐに食べられる食材をベッド周りに確保して、ひたすら寝る。休日まる2日間は、痛みで、ほぼ、寝たきり。
    が、外れてしまった場合、通常使用量の倍の痛み止めを飲みながら仕事しましたが、倒れましたね…。
    婦人科で調べた原因は、『子宮後屈』
    エコーで調べないと分からないですし、
    痛みに苦しんでいる人に、割りと多いと思います。
    現実、「痛みが重いけど、薬で仕事ができる」程度の人に、重いと言ってもらいたくないほどに、痛いんですよ。
    手術では治せません。
    職場の人達の目の前で、痛みに耐えながら、真っ青になって倒れる、ということがあって初めて、理解を得たかと思います。

    2020/05/09 00:21
  • 元看護師です。
    私も生理痛がひどく、鎮痛剤を飲んでも効かない時もよくあります。
    8時間おきにしか飲めない鎮痛剤を駆使しても貧血や痛みで倒れた事もあります。
    出血量も多く、40センチのナプキンが30分でいっぱいになる時もあるのて、赤ちゃんのパンパースのようなタイプのナプキンを使用しています。

    第一子を妊娠する前に婦人科にかかりましたが、内膜症ではなさそうだし、年齢的にも出産を経験すれば良くなるよとしか言われませんでしたね。

    出産してからも生理痛自体は変わらないので、鎮痛剤を飲み骨盤矯正にも通い良いと言われるあらゆる事を試しましたが、これで良くなったというものはありません。

    こればかりは個人差なので、経験した人にしか分からないと思いますが、薬でも治らないし検査でも分からないし出産しても変わらない人は現にいると思います。
    体の弱い人もいれば強い人もいますよね。
    何も措置をとらずにその状況なのはどうかと思いますが、こればかりは持って生まれたものなので本人の意思ではどうにもならない事があります。

    苦手な事を誰かがフォローしながら、お互い支え合うのと同じだと私は思います。


    2020/05/09 18:11

この記事にいいね!しよう

いいね!
227

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード