元気になる!子どもの心が疲れた時におすすめの絵本

2016/06/14 19:00
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:

 

子どもだって自分の思っていることがうまく伝えられなかったり、やりたいことをママにダメって言われたりして、心が疲れることもあります。

 

そんな時、ユーモアのある絵本を読んであげることで親子で自然と笑顔になれて、心の元気を取り戻すことができます。今回は子どもの心が疲れた時におすすめの本をご紹介します。

 

思わず吹き出してしまう『おならうた』

 

谷川俊太郎のリズミカルな文に加え、飯野和好の味のある絵で、読んであげると思わず子どもがプッと吹き出してしまうような絵本です。

 

子どもも真似しやすい擬音語が多く使われているため、何度も読んであげると子どもも覚えて一緒に声に出したくなります。子どものグズグズ、イライラした心を自然に元気にしてくれるような絵本です。

 

想像力を刺激する『おかあさんのパンツ』

 

山岡ひかるの絵本。子どもが履いているパンツをお母さんが履くと違う絵になっちゃう愉快でおもしろい絵本です。

 

次は何になるのかな?と子どももワクワクしながら釘付けになります。わかりやすい絵と文なので、朝の忙しい時でもぐずったらさっと読んであげることができます。

 

絵にも細かい工夫がされていて何度も読むうちに子どもが新たな発見をすることができる絵本でもあります。

 


真似したくなる『おどります』

 

高畠純の絵本。同じ文章の繰り返しなので、子どもも覚えやすく、思わず真似して声が出ちゃいます。

 

いろいろな動物が出てきてユニークな動きをするので、子どもの興味を惹きつけます。リズミカルな言葉に合わせて子どもも体が動かしたくなるような絵本です。外に出られない時などに、絵本を読みながら一緒に踊れば親子で楽しい気分になれますよ!

 

おもしろ絵本で子どもの元気を取り戻そう!

毎日の生活にユーモアのある絵本を取り入れることで、親子で自然と笑顔になれて心が豊かになります。楽しい絵本を読んで子どもを笑顔にしてあげましょう!

 

(TEXT:おおたき)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。