食・レシピ 離乳食 アレルギー 食べていいものダメなもの 幼児食

「温泉卵って赤ちゃんは食べられるの?」管理栄養士がお答えします!

49

赤ちゃんが温泉卵を食べる時の注意点

市販品はNG

市販されている温泉卵の場合、卵が十分に加熱されていない可能性があります。また、卵はサルモネラ菌が繁殖しやすい食品です。アレルギーと食中毒の可能性があるので、市販の温泉卵は避けるようにしましょう。

 

新鮮な卵を使って手作りを

温泉卵の作り方はちょっと難しいと感じているかもしれませんが、ゆで卵と同じように卵をゆでるだけ。温度と時間を調整すれば、好みのやわらかさに仕上げることができます。新鮮な卵を買ってきて、この機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

最初は、ひと口からスタート!

赤ちゃんの体調がいいときに、まずひと口からスタートしましょう。また食べた後は、湿疹や下痢などの症状が出ていないか、食べたあとの赤ちゃんの体調を必ず確認しましょう。

 

温泉卵の場合、まずは赤ちゃんに卵アレルギーがないことをゆで卵で確かめて。赤ちゃんの体調を見ながら、ゆっくりスタートしましょう。

著者

管理栄養士 富田チヤコ

フードライター&コピーライター


管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。わかりやすく、食の楽しさを伝えます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。