暮らし お金

切迫早産、切迫流産・・・もしもの時にかかる費用は?

8

 

お腹の中の赤ちゃんとママ自身の健康は何より大切なものですよね。でも、どんなに気を付けていても、流産などの不測の事態は誰にでも起こりうるものです。

もしもの時にあわててしまわないように、かかる費用などもチェックしておきましょう。

 

続きを読む

切迫流産って?

切迫流産とは妊娠22週未満で、流産しかけている状態のことをいいます。妊娠初期の切迫流産では有効な治療法はなく、妊娠12週以降の切迫流産は治療により流産を防げることもあります。出血やおなかの張りがある場合は、止血剤や張り止めのお薬が処方されます。

 

入院となると、状況によっては内服だったお薬が点滴に変更になることもあります。

また妊娠中期以降、切迫流産の原因が頸管無力症と診断され、頸管縫縮術が必要になる場合もあります。

 

 

切迫早産って?

早産とは妊娠22週以降37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうこと。切迫早産とは、その早産になりかかっている状態をいいます。

 

妊娠週数や破水、感染の状況、おなかの赤ちゃんの様子によって対応が異なります。妊娠継続が可能な状況であれば、安静と張り止めのお薬を使用して経過を見ていきますが、場合によっては、入院してすぐにお産!帝王切開!ということも。

 

入院費用はどのくらい?

入院費用は、入院する医療機関、治療内容、入院期間によって異なります。おおまかな内訳としては治療費と食事代だけでも、だいたい1日1万円程度が目安です。

 

そこにプラスして差額のベッド代がかかります。おおよそですが、1日2万円程度を想定しておくと良いでしょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。