「ごめんね、痛かったよね」1歳児が意外な家電でやけどをしてしまい…【体験談】

子どもが生まれると、安全性を第一に家具や文具、調理用具の置き場所に注意します。私も同じように気をつけているつもりでした。しかし、思ってもいなかった意外なことで子どもにケガをさせてしまった体験をご紹介します。

泣く赤ちゃんのイメージ

 

続きを読む

1人目出産後から徹底した家の安全対策

それまで棚や引き出しにしまっていた包丁やハサミを、1人目の子どもが生まれたあとは徐々に子どもが届かない高い場所に移動、または子どもが開けられないように棚にガードの留め具をするようになりました。そしてガスの元栓は使用時以外は締めるなど、できる限りの安全対策をおこなっていたつもりです。

 

1人目のときは“初めての子ども”ということもあり、できるだけ目を離さないよう慎重に子育てをしていました。まだひとりだけだったので他の子どもに気を取られることもなく、危ない物を触ってもすぐ止められたので、ケガをさせることはありませんでした。

 

やけどの原因は「炊飯器の水蒸気」

1人目が大きくなって危険なことの判断が理解できる時期には、2人目の子どもが徐々にハイハイ、つかまり立ちでいろいろな所を触るようになっていました。

 

そして2人目がちょうど1歳くらいになったときのことです。いつものように夕食を準備していると、子どもはおもちゃで遊びながら台所を行ったり来たり。すると急に大声で泣き出したので、ビックリしました。

 

慌てて駆け寄ると右手が少し赤くなっていて、子どもの横を見るとそこには炊飯器が……! 夕食のご飯を炊いていて、その蒸気口を子どもが触ってやけどしたことがわかりました。実は、炊飯器の水蒸気がやけどするほど熱いと私は思っていなかったのです。

 

やけどのレベルはⅡ度。水ぶくれがひどく…

子どもの手が赤くなっていたので、水と氷で冷やして応急処置。その後、水膨れになっていたものの、そこまで大きくなかったので軟膏で対処しました。そして、普段通りに遊んでいたので大丈夫かなと様子を見ていたのですが、翌朝に水膨れが酷くなっていたのです。皮膚科に連れて行くとやけどには3段階あり、うちの子どもはⅡ度という深さでした。

 

治療としては、水疱を丁寧に潰して消毒し、LEDの光をあてて回復促進治療。医師からは「20分くらい冷やしたほうがよかったね」と指導を受けました。私は子どもが嫌がっていたので5分ぐらいで終わらせていました。やけど痕が残るか心配でしたが、2日に1回皮膚科に通い、10日ほどできれいに治ってきて安心しました。

 

 

やけどをさせてしまったことは子どもに申し訳なかったのですが、このことがきっかけで家の中の危険な物・場所を再確認することができました。低い場所にあった炊飯器は、子どもの手の届かない高さの場所に置きました。他にも見落としやすい電気のコードや、上の子どもの文具等の配置を変えました。今回の炊飯器の蒸気口のように火が直接見えない部分でも、子どもの柔らかい皮膚は簡単にやけどをしてしまうという教訓にもなりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:鈴木そうこ

6歳3歳0歳の兄妹を育児中。韓国人の夫と結婚し、韓国の田舎で専業主婦をしている。韓国語と日本語の二重言語教育や妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      「意外な家電でやけど」って見出しですが 意外ですかね😅? 炊飯器の水蒸気がかなり高温ってことは 私の中では意外でもないし よく聞く乳幼児の火傷事例かと思ってました。 子どもは好奇心の塊で予期せぬ行動を… もっと見る
      「意外な家電でやけど」って見出しですが
      意外ですかね😅?
      炊飯器の水蒸気がかなり高温ってことは
      私の中では意外でもないし
      よく聞く乳幼児の火傷事例かと思ってました。
      子どもは好奇心の塊で予期せぬ行動をとるので
      思わぬケガや火傷に気をつけなきゃですね。
      気をつけてても防げない場合もありますが。
      +87 -5
    • 通報
      「子供の柔らかい皮膚」など関係なく、炊飯器の蒸気は大人でも簡単に火傷します。大人は熱さを感じたらすぐ避けることが出来るので軽症で済むかもしれませんが。ご注意ください。
      +56 -1

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP