暮らし 体験談 生理

危なかったー!「いつもの」の生理前不調の影に意外な事実発覚【体験談】

1
4

「思い込み」で、自分ではサインに気づけなかった

私は、「いやいや、いつもの生理前の腹痛があって、今にも生理が来そうな感じだから、妊娠はないはず…」と思いました。

 

でも、「可能性がゼロじゃないなら、薬は一応検査してからにしなさい!」と、先輩が強くアドバイス。私は、先輩がそんなに言うなら…と、それに従うことにしました。

 

すぐに近くの薬局で妊娠検査薬を購入し、チェックしてみました。すると、結果はなんと陽性! まさか自分が妊娠しているとは夢にも思っていなかったので、私は本当にびっくり! と同時に、薬を飲んでいなくて本当によかった…とホッとしました。

 

よくよく振り返ってみると、吐き気が普段とは違って強いなど、妊娠のサインがあったのですが、ついつい「いつもの」という思い込みで、自分では妊娠に気づけませんでした。先輩には本当に感謝しています。

 

 

「いつもの不調」に隠れて、妊娠や何かの病気など、特別なサインが体から送られているかもしれません。油断せず、思い込まず、ゆっくり自分の体の声に耳を傾けなければいけないなと思いました。

 

 

監修/助産師REIKO

-----

文/猫田ゆかりさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 私も似たような?経験をしました。 2ヶ月くらい生理不順があり、その月も生理が1週間近く遅れていたかと思います。 もともと腰痛持ちで、生理前のようなキリキリとした腹痛と、イライラ、そしてぎっくり腰直前の… もっと見る
    私も似たような?経験をしました。
    2ヶ月くらい生理不順があり、その月も生理が1週間近く遅れていたかと思います。
    もともと腰痛持ちで、生理前のようなキリキリとした腹痛と、イライラ、そしてぎっくり腰直前のような寝返りもしんどい上に一晩寝ても治らない腰痛が数日続き。仕事にも差し支えるので、仕方なく病院に行きました。看護師さんの問診を受け、レントゲンを撮ることに。矢継ぎ早な質問と説明に、あの、レントゲンて撮らなきゃダメですか?と聞くも、前回の診察からかなり経っているから撮らなきゃダメですね、はいこっちきて、呼ばれるまでここで待っててね、と。妊娠している可能性を伝えることができないまま、あれよあれよとレントゲン室へ。
    このままでいいのかな、もし、もし妊娠していたら?と考えながら着替えをしていると放射線技師の先生が、妊娠の可能性ないですよね?と一言声をかけてくれ、『あ、あの実は可能性的にゼロではないのですがっ!』と言うことができました。
    その瞬間、放射線技師の先生が無表情になり、子供出来てたら産む気はないの?って言われて。
    もちろん産みますと。じゃあレントゲン撮れないから、ちょっと着替えて、診察室の前で待っててと。
    放射線技師の先生のおかげで、その日は診察のみ、先生からは妊娠していた場合はできる治療がないので、妊娠の可能性がないとわかった時点で受診してくださいと言われ、その日は帰りました。そして検査をしてみると陽性。
    妊娠している可能性はゼロではないけど、もし出来てなかったらなんだか恥ずかしいという、訳の分からない葛藤のせいですぐに言い出せなかった私。
    35歳でずっと子供欲しかった私としては、今妊活中なのでもしかしたら妊娠しているかもしれませんと、もっとはっきりと自己主張をするべきだったなと反省をしたのはもちろん、可愛い我が子を胸に抱き、あの時声をかけてくれなかったらこの子には出会えてなかったのかと思うと、、、。
    本当に放射線技師の先生には感謝してもしきれません。

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。