目立ってきた両頬のシミ!美容皮膚科のレーザー治療でシミ取り【体験談】

2020/12/24 14:25
0
オンライン会議で見た自分の顔に加齢を感じた女性が、なじみのクリニック併設の美容皮膚科でレーザーによるシミ取りに挑戦! 初診の様子、施術の費用、術後の経過などを詳しくつづっています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
美容

シミ対策、美容皮膚科でレーザー治療を試してみた

 

オンライン会議で画面に映る自分の顔は、たるみ、くすみ、シミと加齢を実感させるもののオンパレード。せっかくの通話もテンションが下がってしまいます。そんな現状をなんとか改善したいと悩みながらも、効果のありそうな美容液は値段が高く、結果が出て実感するまでには時間もかかる……。そこで思い出したのが、以前友人が「数千円でシミ取りレーザーの施術が受けられる」と言っていたこと。思い切って、最近目立ってきた両頬のシミ取りレーザーに挑むことにしました。

 

続きを読む

美容皮膚科を受診、初回の内容は

シミ対策、美容皮膚科でレーザー治療を試してみた

 

電車や雑誌で見る美容クリニックの広告は高級感があり、私のような主婦が試せるような手軽なイメージがありませんでした。でも、以前かかったことのあるクリニックに美容皮膚科も併設されていることを知り、面識のあるその医師を訪ねました。

 

はじめにノーメイクで頬を特殊なカメラで撮影。次に触診をし、私の頬のシミは少し盛り上がったほくろのようなシミなので、炭酸ガスレーザーで削り取る方法になるとの診断を受けました。それから、今回取る私のシミは米粒くらいの大きさなので料金は1カ所につき税込み6,000円になるという説明を聞き、当日だけは水に濡らさないようにするなどの注意点を確認しました。さらに、施術後から服用する肝斑などの発生を抑えるためのビタミン剤3種類を処方され、この日かかった自費診察料は薬代を合わせて6,900円でした。

 

人生初のレーザー治療はあっという間に終了

シミ対策、美容皮膚科でレーザー治療を試してみた

 

いよいよ施術当日。手術室のベッドに横になり、「では始めますね~」とまるで虫歯を治療するような器具が顔に近づいてきました。頬にちりっとした痛みがありましたが、麻酔を使っていないにもかかわらず我慢できないほどの痛みはありませんでした。じりじりという音がいかにも削り取っているという感じを伝えてきますが、両頬の2カ所の施術がなんと2、3分で終了。軟膏を塗ってテープを貼ってもらい、5分後には待合スペースに戻って来ていました。

 

「レーザー治療だとこんなに簡単にシミが取れるとは!」と驚きでした。この日の診察料は、再診料1,500円と施術料12,000円で計13,500円でした。

 

施術後の敵は紫外線!しっかりUVケア

シミ対策、美容皮膚科でレーザー治療を試してみた

 

翌朝、そっとテープを剥がしてみると、患部は元のシミよりひと回り大きなやけど痕のような状態になっていました。痛みはまったくなく、顔を洗っても染みることはありませんでした。洗顔後、処方された化膿止めの軟膏を患部に塗り、その上からガーゼと肌色のサージカルテープを小さく切って貼り付けました。小さな傷の手当と同じ要領です。このサージカルテープは紫外線カットの役割があり、また肌に近い色なので目立たず、上からメイクすることもできます。マスク生活の今はテープを貼っていても人から見えないので、タイミングも最適でした。初回に処方されたビタミン剤は、施術の翌日から1日に3回ずつ服用を開始しました。

 

1週間後に再診すると、「順調ですね。あとは色素沈着しないことが大切なので、半年ほどはこのテープだけ貼っておいてくださいね 」とのこと。どうしてもテープを貼りたくないときは、UVカット効果の高い下地を塗り、その上から普段どおりにメイクしています。

 

まとめ

現在、施術してから約1カ月。レーザーを当てた痕は、シミと同じ大きさのやけど痕のように茶色くなっていますが、 日に日に色が薄くなりつつあります。色素沈着がなく通常に回復すれば、半年ほどで周りの肌と同じような色に戻るということです。あとは1カ月ごとに診察を受け、施術前の写真を比較し、経過を確認することになります。

 

施術後に服用を開始したビタミン剤の効果でしょうか。約2週間で、患部だけでなく顔全体が明るくなりました。通院やテープ貼りなどの手間はありますが、約20,000円でシミを取ることができて大満足でした。シミから逃げるのでなく、思い切って攻めたことで、鏡を見るのが楽しみになりました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

監修/助産師REIKO


著者:Akky

1男2女の3人の母。愛読書は須賀敦子と村上春樹。書くことと読むことがライフワークのオタク系主婦。


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。