アラフォーで便秘悪化…酢を取り入れた食生活でスッキリ改善!【体験談】

2021/01/13 12:25
1
年齢とともに悪化した便秘。何を試しても良くならない……。そんなアラフォー女子を支えたのが酢でした。発酵食品でもある酢の健康力や簡単なレシピとともに体験談をご紹介します。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
美容

お酢

 

アラフォーに入ったころから日常生活で強い疲労感を覚えるようになり、10代から続いていた便秘、腹部のハリ、食欲不振が悪化しました。特に生理前がひどく、普段でも市販の便秘薬を飲んで3~4日に1回ほどしかなかった便通が、生理前にはさらに悪化して1週間に1回あるかないかに。市販の便秘薬が効かず、病院に通ってもスッキリ改善せず……。最終的に薬だけに頼らず腸内環境を整えようと試してみたのが、酢でした。

 

続きを読む

薬を服用するも腹部のハリは解消せず

お酢2

 

30代後半のある日。便秘が1週間以上続き、浣腸しても出ず、やっと出たと思ったら血便でした。何かの病気かと不安になり、胃腸科を受診。幸い大病ではなかったのですが、大腸内視鏡検査のあと、先生から「腸が長いから便秘になりやすいタイプだよ」と告げられました。処方された薬を服用すると排便は1~2日に1回程度になりましたが、腹部のハリや消化不良は治まりませんでした。

 

そのうち、腹部のハリが苦しいので便秘薬を減らしたいと思うように。そのためにも腸内環境を整えることが先決と考え、まずは食事を見直すことにしました。といっても、それまでも長く便秘と付き合ってきた私です。腸に良いとされる食物繊維を含んだ野菜や乳製品などはすでに試し済みで、思うような結果が得られていませんでした。

 

そんなとき、友人から酢にんにくが体に良いと聞いたのです。気になって調べてみると、酢は発酵食品の1つであり、酢も含めた発酵食品は乳酸菌や酵母などを活用して作られるので腸内環境を整える上でも重要な役割を果たすとのこと。酢にんにくなら、酢とスタミナ食材のにんにくを一度にとれるのも良いと思い、早速ネットで酢にんにくの作り方を探して試してみることにしました。

 

レモン酢を取り入れてさらに食生活は豊かに

お酢3

 

酢にんにくの作り方は、まず1分ほど保存用の瓶を煮沸消毒。次に、にんにくを細かく刻んで瓶に入れます。にんにくが浸るくらいに酢を入れたあと、2週間ほど冷蔵庫で保存。にんにくが酢と反応して青みを帯びた状態になり、次第に黄みがかってきたら食べごろです。ほぼ毎日1片ほどを食べ続けました。

 

酢にんにくは、酸っぱさや辛味が鼻を抜けていく刺激が強めの味ですが、漬かるほどにマイルドな味わいに。また、漬け込んだ酢は餃子との相性が抜群でした。

 

ただ、にんにくだけに、人に会うときには臭いが気になりました。そこで、並行して試してみたのがレモン酢です。シミ対策として、ビタミンCが豊富なレモンのレシピを探していたときにネットで見つけました。レモン酢の材料は、レモン1~2個に対して酢350~500ml、氷砂糖180~200g。たわしなどで表面の汚れを落としたレモンを輪切りにし、煮沸消毒した瓶に詰めます。そこに氷砂糖と酢を加え、電子レンジで30秒~1分ほど加熱したあと約1日漬ければ完成です。

 

レモン酢は、レモンの酸味と氷砂糖の甘味が効いたスッキリとした味わいで、水や炭酸で割って飲んだり、調味料として使ったりしました。

 

酢のおかげで便秘改善!心身ともにラクに

お酢4

 

発酵食品には、酢のほかにもヨーグルトやチーズ、納豆などいろいろありますが、私は昔から酸っぱいものが好きだったので、発酵食品のなかでも特に酢が合っていたのかもしれません。

 

それに酢は、胃腸に刺激を与えて蠕動(ぜんどう)運動を促すことにより便秘解消につながるほか、酢酸やクエン酸による疲労回復、肥満の防止、食後の血糖値上昇の抑制にも役立つそう。さらには酢やレモンといった酸味のある食材は、リラックスモードをもたらす副交感神経を刺激するらしく、酢にんにくやレモン酢を試して正解だったなと思いました。

 

私の場合、酢にんにくを食べたあとは、ぽかぽか感や疲れにくさ、おなかのスッキリ感などが得られ、レモン酢を飲んだあとは、疲労感やどんより感、腹部のハリが晴れるようでした。酢にんにくやレモン酢をとるようになってから、スッキリとした排便感も得られるようになりましたし、食欲不振も緩和。慢性的な体のだるさや頭の疲れも軽減し、心と体がラクになってきたと感じています。

 

まとめ

酢を食生活に取り入れたことで、便秘薬の力を借りながらではあるものの、ほぼ毎日スッキリと排便できるようになり、腹部のハリや食欲不振も随分と減りました。疲労感は軽くなり、頭がスッキリとしている時間も長くなっています。おなかの悩みが減ったことで、より生き生きとした毎日が送れるようになったと感謝しています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:citron

1男2女の3人の母。愛読書は須賀敦子と村上春樹。書くことと読むことがライフワークのオタク系主婦。


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。