【体験談】妊娠中の突発性難聴、どうしたらいい?

2016/07/31 21:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

妊娠中は体にさまざまな不調が現れることがありますが、突然耳の調子が悪くなる「突発性難聴」になる可能性があるのをご存知ですか?

 

ただでさえ出産への不安が募る中、突然の耳の不調にパニックになります。私自身の経験をもとに知っておきたい対処法をお伝えします。

 

突発性難聴とは?

 

突発性難聴とは、ある日突然耳が聴こえなくなったり、聞こえにくくなる病気で、原因や病態はいまだに不明とされています。この突発性難聴は、正確な診断と一刻も早い適切な治療をすることによって治すことが可能です。

 

耳に水が入っているような感覚や音が聞こえにくいなどの症状があった場合は、様子を見るのではなく、すぐに耳鼻科を受診しましょう。1日でも早く受診しないと、聞こえ方がそのままで止まってしまう可能性もあります。

 

なぜ妊娠中に突発性難聴になるの?

 

産前産後のホルモンバランスが急激に変化する時期などに、突然耳鳴りが始まることがあります。原因は解明されていませんが、体のむくみから引き起こされるのではないかともいわれています。

 

耳鼻科で妊娠中ということを告げれば、かかりつけの産婦人科の先生と連携して赤ちゃんの成長時期にあったお薬を処方してくれます。赤ちゃんへの影響を心配して受診しないのは絶対NG!まずは病院を受診して自分自身のケアをしましょう。


パニックにならず落ち着いて!

 

体調によって耳が聞こえやすい日や聞こえにくい日が繰り返すこともあります。不安になるとは思いますが、しっかり薬を飲んで出産に臨みましょう。早めに治療すれば改善することも多く、また、出産後にむくみが取れたら、急に耳が元にもどることも多いそうです。

 

実際に私自身が突発性難聴にかかったときもあんなに不安だったのに、出産した途端きれいに元通りになりました。不安なときは耳鼻科の先生や産婦人科の先生にも話を聞きながら出産に臨みましょうね。

 

ある日突然耳の調子が悪くなると、とっても不安になりますよね。妊婦でも飲めるお薬はいくつかありますので、まずは耳鼻科で相談してみましょう!不安を1つずつ取り除いて、安心して出産までの時間を過ごせるといいですね。(TEXT:nagy)


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。