おなかの中のベビーに病気が見つかった【ママの体験談】

2018/08/18 20:00
99
この記事では、おなかの中のベビーに病気が見つかったというママの体験談を紹介しています。赤ちゃんの病気や障害を受け止めることはとても難しいことですが、おなかの赤ちゃんが出産前に教えてくれたんだとママは感じたそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
病気・ケガ
先天異常

エコー写真のイメージ

 

妊娠・出産は奇跡というけれど、赤ちゃんに病気や障害がある可能性は誰にでもあります。毎回の妊婦健診でおこなう超音波検査。あの白黒のエコーで、実はわかる病気があるんです。もし赤ちゃんがおなかの中にいる間に病気がわかったら……。私の妊娠・出産体験談をご紹介します。

 

妊娠7カ月、赤ちゃんの心臓病が見つかった

毎回、妊婦健診でおこなう超音波検査。最近では、4D画像も見ることができて、ママにとっても赤ちゃんが見られるうれしい時間ですよね。このエコー、先生が見ているのは胎児の推定体重や性別だけではありません。白黒の映像の中でも見ることのできる内臓や血管があり、異常がないか先生は見ているのだそうです。

 

私は妊娠7カ月のころ、赤ちゃんの心臓病が見つかりました。エコーではっきりと、心臓の中の形が見えたことを覚えています。

 

おなかの中で赤ちゃんの病気が見つかること

先生は私に、「おなかの中で赤ちゃんの病気が見つかることはとてもラッキーなことだ」と言いました。ママの心の準備もできますが、何よりも赤ちゃんにとって最善の出産方法を選ぶことができるからだそうです。

 

大きな総合病院に転院することが多いかとは思いますが、帝王切開になるのか、普通分娩になるのか、出産時の新生児科・小児科医との連携やNICUの準備など、エコーで見ることのできる情報を集めて先生方が最善策を考えてくれました。


調べすぎない。でも仲間を見つけたい

この経験を通して私は、ママにとって大切なのはひとりで受け止めないこと、調べすぎないことだと感じました。今はネットで何でも調べられる時代。でも、その情報が正しいのか、わが子の症状に当てはまるのかは自分では判断できません。

 

私自身、心配な話ばかり見てしまい、それだけで必要以上につらくなってしまいました。一方よかったと思うのは、同じ病気の子どもを持つ仲間を見つけること。同じ境遇の人とコミュニケーションをとると、とても心強かったです。

 

 

病気や障害を受け止めることはとても難しいことですが、おなかの赤ちゃんが出産前に教えてくれたんだと、私は感じました。正しい情報を自分で理解し、専門家に相談しながら、できる限りの準備ができるといいですね。


著者:山本かやの

二児の母。ウエディング業界から飲食業に転身後、妊娠を機に退職。現在は専業主婦。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味はガーデニングと家庭菜園。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 私も妊娠中に大きな病院を紹介されMRIをしたり、ドキドキな日々を過ごしました。
    でも、先生からどんなに検査しても実際に産まれないと何も出来ない。産まれても直ぐには余程の重篤で無ければ手術も出来ないから、まずは余り不安に駆られて調べすぎずにしっかり出産する事を考えて!と言われました。

    2016/09/14 23:00
  • 私も妊娠中(5カ月)に胎児に病気があるとわかりました。その時は産まれてみないとハッキリとはわからないがおそらく腎臓に病気があると言われ、その日から私のマタニティライフは大変なものでした。大きな病院でいろんな検査をし、不安でいっぱいの毎日を過ごし、出掛けることも億劫になり、ほぼひきこもり状態でしたが(今では後悔しています)普通分娩で無事に出産をしました。胎児の時よりハッキリと腎臓と膀胱に病気があることがわかり、赤ちゃんの経過をみて1歳半で手術をしました。手術した日を含め2年ほど通院しましたが今では完治し、兄妹誰よりも元気な日々を過ごしています。
    今思えばあの時の気持ちは不安ばかりでしたが、たくさん散歩をしたり出掛けたり、いい気分で過ごしていればよかったのに…と後悔しています。

    2017/09/30 21:25
  • 私は妊娠後期からずっと医師に「羊水過多だ」と言われていて「もしかしたら3割の確率で病気を持って産まれてくるかも」とも言われていましたが、まさか本当に先天性の病気(食道の病気でした)を抱えて産まれてくるとは全く思ってなかったので心の準備が全く出来ませんでした。産まれてすぐ大学病院に転院し産まれた次の日に手術してNICUにお世話になりました。なので事前に分かっていた方が私は良かったなと今になって思います。

    2018/04/07 22:53
  • 私も5ヶ月の頃に心臓の病気があることがわかりました。
    お腹の中にいる間は大丈夫だけど、産まれたらどうなるかわからないと言われ、早く会いたいけど、お腹の中にずっといてくれたらと思ったり不安な日々を過ごしました。
    出産の時は、病気側も万全の体制をとってくださり、産科の先生だけではなく、小児科、心臓外科と沢山の先生方に囲まれて産みました。
    一週間後に全身麻酔をして、カテーテル検査をしました。
    結果、手術の必要性はなく、年に一回の定期検査する事になりました。
    六歳まで検査をし、もう大丈夫と言って頂きやっと安心できました。

    2019/01/25 22:49
  • うちの子は生まれてから病気が見つかり、治療が間に合わずその日のうちになくなりました
    循環器系の病気でしたが、妊婦健診のエコーでは疑って見ないとわからない病気だと亡くなった病院で言われました
    出産したのが田舎の病院でNICUがなかったため救急車で2時間かかる大学病院へ転院しましたが、間に合いませんでした
    お腹の中で病気がわかっていたらはじめからNICUのある病院で産む選択が出来たと思いますし、もしかしたら助かったかもしれないと思うとどうしても後悔が残ります

    2019/02/11 11:33

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
99

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。