暮らし 生活習慣 体験談

驚くほど癒された!憧れの花に囲まれた生活を始めてみた【体験談】

1
0
質の高いゆとりのある生活がしたいと日常を少しずつ変えてきた主婦が、また1つ心を豊かにするための生活を実現した体験談です。今まで失敗してきたことを繰り返さない工夫をしながら成功させたその先には、想像以上の感動が待っていたそうです。

お花

 

子育てを卒業した私は質の高いゆとりある生活を送りたいと思い、身の回りの整理をはじめ今までの生活を少しずつ変えることに。そして、花とは無縁だった生活をしてきた私は、花に囲まれて心豊かな生活がしたいと思うようになりました。

 

今はベランダで元気に咲いた多くの花々を摘んでは室内のあちこちに置き、憧れの花に囲まれた生活を送っています。そして可憐な花の一つひとつが、驚くほど心を癒してくれることに気付き大きな感動を覚えたのです。

 

続きを読む

花のある生活をしたいと思った理由とは

お花2

 

今まで、何かの記念日などに花を購入することはありました。ですが、花を日常的に飾るという気持ちのゆとりは子どもが誕生し子育てや仕事に追われるなか、ほとんどありませんでした。しかし、子どもが独立し夫と2人暮らしになると時間と気持ちにゆとりができ、今までより質の高い心豊かな生活をしたいと思うようになりました。

 

これまで、思い切った身の回りの整理を実行し、昔から憧れていたアロマを生活のなかに取り入れるなど、お金をあまりかけずに生活の質を高めるための改革を少しずつおこないました。そして、今ではすっきりとした室内でアロマの香りを楽しむことのできる生活を手に入れたのです。

 

でも、なんとなく家中に色が少ないと感じるようになり、カラフルなテーブルクロスやカーテンに替えてみようかなとも考えましたが、それも自分のイメージとは違うような気がしていたところ、「そうだ! 花を飾ろう」とひらめき、それが花のある生活をしたいと思った理由でした。

 

ハードルを下げて失敗しにくい方法で実践

お花屋さん

 

結婚した当時、花のある生活に憧れてマンションのベランダに鉢植えの花をいくつか置いたことがありましたが、どれもあっという間に枯らしてしまったので、今度こそきちんと育てることが重要な課題でした。

 

そこでまず、プロの人に聞くことが一番と考え、育てやすく開花期間が長い苗を花屋さんに教えてもらいながら買い集めました。本来は種から育てて花を咲かせることが王道の楽しみ方かもしれません。しかし、私にはそれは難しいと判断し、2~3個開花し始め成長が安定している苗を購入することで失敗を極力減らすように。花屋さんには少し冒険をしても良いのではないかと言われましたが、また失敗して枯らしてしまうのはかわいそうなので、できるだけ安全な方法を取ることにしました。

 

ちょうど1年ほど前から育て始めましたが、それぞれ元気にたくさんの花を咲かせ、リビングルームとダイニングルームからはベランダに咲いているカラフルなかわいい花が気持ちまで明るくしてくれています。

 

ベランダも室内もかわいい花でいっぱいに

お花3

 

最初に5~6種類の苗を植えてから約1カ月で、ベランダはたくさんの花でにぎやかになり出しました。部屋の中では鉢植えは育ちにくいので、観葉植物だけを置くことに。ベランダで満開になっている花は摘んでも次々と咲いてくれるので、それを室内に飾ればコストもかかりません。ちなみに花の苗はどれも大体100~200円ほどなので主婦のポケットマネーで十分です。

 

ベランダにはピンクがかわいいマーガレット、華やかな三色パンジー、暑い夏でも元気に咲き乱れるカラフルなペチュニア、ブルーがかわいいムスカリなど、季節ごとにたくさんの小花を中心に育てていますが、摘んだ花は日持ちが悪く、せいぜい1~3日で枯れてしまいます。

 

次々と咲く花のなかでも、できるだけつぼみではなく咲き切った花を室内に飾るようにしました。おしゃれな和風小鉢に入れた水の中に摘んだ花を浮かべれば和室にぴったりの雰囲気に。また、水栽培をしているポトスの入ったカクテルグラスにカラフルな花を差すだけで驚くほどゴージャスになります。

 

テーブル、トイレ、バスルーム、下駄箱、テレビボード、キッチン、飾り棚など、毎日のように飾る花を替えていきます。日当たりなど気にせずいろいろなところに置くことができるので、あっという間にかわいい花々を生活のなかに取り入れられます。そして、それらの小さくて可憐な花は見ているだけで私の心をとても癒してくれることに気付き、強く感動を覚えました。

 

まとめ

今、私は質の高い豊かな生活を送りたいという気持ちからスタートした花のある生活にとても満足しています。私が育てている花は小さく可憐な草花ばかりですが、今では殺風景だったセメント色のベランダがパーッと華やぎ、部屋の中に飾った小さな花も私の心の癒しになっています。

 

スムーズに花を育てることができたのは、最初からプロに育て方のポイントなどを聞きながら失敗しにくい花を選択してもらったこと。また、安定した状態の苗を購入することでハードルを下げたことがよかったようです。以前はショッピングモールなどに行くとファッション関係ばかりに興味がありましたが、今では一番先にガーデニング売り場に行って散策を楽しんでいます。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Sakura

子どもは独立し今は夫と2人暮らし。大好きなアクセサリー作りを仕事に。収入は少ないけど好きなことなので意外と気に入っている。

 

監修者

医師 駒形依子 先生

産婦人科 | こまがた医院院長


東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。


経歴

H13年 東京女子医科大学入学
H20年 米沢市立病院入職
H24年 東京女子医科大学病院産婦人科入局
H26年 東京女子医科大学東洋医学研究所入局
H28年~フリーランスで活動
H30年 こまがた医院開業


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 家にいる時間が増えたので育ててみたい気持ちはあるものの、私にはちょっと難しいかもと思い、ミニサボテンを飾ったり100均の造花を飾ったりしてみました。 ちょっとしたのもでも、緑や花の色が目に入ると癒され… もっと見る
    家にいる時間が増えたので育ててみたい気持ちはあるものの、私にはちょっと難しいかもと思い、ミニサボテンを飾ったり100均の造花を飾ったりしてみました。
    ちょっとしたのもでも、緑や花の色が目に入ると癒されるものですね!

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。