「パパに似て本当によかったね」ポロッと出た義父のひと言に思わず絶句!

「女の子はパパに似る」という言葉をよく聞きますが、科学的根拠は無いといわれるものの、私の娘もエコー写真に映るお顔のときから、パパにそっくりです。ある日、2歳の娘を連れて義両親のもとへ遊びに行ったとき、義父から言われてしまったひと言についてのお話です。

義父のひと言に衝撃

 

続きを読む

夫が小さいころの写真

義両親とは、約1カ月に1回のペースで会える程度の距離に住んでいます。会いに行くたびに、私は義父から「これ見て」と言われるものがあります。それは、夫の幼少期の写真です。

 

娘の顔を見るたびに、夫の小さいころを思い出すのでしょう。義父は大変うれしそうで、微笑ましくも毎回「本当にそっくりですね」としか返せない私でしたが、満足していたのだと思います。そしてある日、ついに言われてしまったのです。

 

衝撃のひと言

それは、第2子の妊娠報告をしたときでした。1人目が女の子だったこともあり、義両親は男の子を希望しています。義両親は、生まれるまで性別は聞かないと言いながらも、エコー写真を見て「この顔は男っぽい! 」と期待をかけられました。

 

そして義父が私の目の前で、娘の顔を見て言ったのです。「〇〇(娘)ちゃんはパパに似て本っ当によかったね~! 」一同唖然。義父もついに言ってしまったとばかりに、気まずい雰囲気です。いったいどんな気持ちで言ったのか、今でも理解ができません。

 

パパに似ると幸せになれる

「女の子はパパに似ると幸せになれる」という言葉を聞いたことがあります。たしかに娘はパパに似てとてもかわいいし、これが本当ならば誰よりも幸せになってほしいと願います。

 

義父には呆れてしまったのですが、孫バカ・親バカになる気持ちも理解はできます。しかし、相手が義父であっても、これから生まれてくる新しい命には、まだまだわからないことが多いこと、「遺伝子が」「性別が」など、子どもたちにとって大切なのはそこではないというのをその場で伝えるべきだったと後悔しています。

 

 

私自身も妊娠中ということで過敏に反応してしまったこともありますが、「女の子は」「男の子は」などの言葉が少しずつ減り、1人でも多くの大人が子どもたちの個性を尊重できる世の中になっていくといいなと思いました。ちなみに、第2子も女の子の予定です。また夫にそっくりな気がしていますが、どんな赤ちゃんが生まれてくるか、義両親の反応も楽しみです。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


著者:島野かすみ

2歳女の子のママで、元ブライダル業界勤務。現在、第二子を妊娠中。激務の夫に頼らずワンオペ育児をこなし、自身の経験から家事・育児術などを執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      うちは義母に、帰省の度に「長男が右利きでよかった」と言われます。 私は、鉛筆と箸が左で、包丁や鋏、習字は右なのですが、義母は左で字を書いたり箸を持ったりすることが嫌なようです。 夫も小さいころは左で字… もっと見る
      うちは義母に、帰省の度に「長男が右利きでよかった」と言われます。
      私は、鉛筆と箸が左で、包丁や鋏、習字は右なのですが、義母は左で字を書いたり箸を持ったりすることが嫌なようです。
      夫も小さいころは左で字を書いていたようですが、「夫は私が直したから」と必ず言われます。
      ですが、そんな夫ですが、箸も包丁も鋏も左です。そのことに関して、私が、「夫も左で使うものはあるし、私も右で使うものもありますよ。」というと、大抵、聞いてないふりか次の話題へ話を逸します。

      結婚するまで、左利きであることをそんなに言われたこともなく、周りに左利きが多かったこと、仕事中、お客さまとの話題作りにも役立ったことなど、私にはマイナスに捉える要素がなかったのですが、年代もあるのでしょうが、そんなに左利きを毛嫌いしなくてもと思います。
      義実家に帰省する度、しんどいです。
      +36 -2

  • あわせて読みたい記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP