食・レシピ 作り方 料理 業務スーパー

【業務スーパー】栄養価が高くて超便利!元気&きれいになるマニア激推し品

2
業務スーパーマニアの舞さんに、業務スーパーで見つけた超便利で、栄養が豊富で元気&きれいになれる商品を教えてもらいました。商品の詳細とおいしい活用例も紹介します。

業スー

 

業務スーパーマニアの私、ずっと気になっていた商品があります。50個も入っている大きなうずらの卵の水煮缶です。うずらの卵と言えば、給食の八宝菜にうずらの卵が多めに入っていたらとってもうれしかった!という子どものころの思い出。先日、小学生の娘が「今日の給食にうずらの卵1個も入ってなかった! お友だちは3個も入っていたのに!」と帰ってきました。時代が変わっても、うずらの卵はやっぱり人気!

 

さて、そんなうずらの卵について調べてみたら、なんととっても栄養価が高く女性にうれしい効果のある食材だということがわかりました。今回50個入りの水煮缶を購入したので、鶏卵とどう違うのか、おいしい活用例も併せて紹介したいと思います。

 

続きを読む

貧血予防、老化予防などに期待できる栄養が!

うずら

 

卵は栄養豊富な食材として知られていますが、うずらの卵は貧血予防に効果的なビタミンB12や鉄分・葉酸、老化防止に期待ができるセレン、抗酸化作用がありアンチエイジングに効果的なビタミンAなどが鶏卵より豊富に含まれているとのこと。鶏卵に比べて食卓に出る機会が少ないうずらの卵ですが、ぜひ積極的に取り入れていきたい食材だったことがわかりました。

 

うずらの卵は栄養価が高いですが、ビタミンCと食物繊維は含まれていないため、それらを含む食材と一緒に合わせることで鉄分の吸収を高めたり、栄養バランスが良くなるとのことです。そこで業務スーパーマニアの私がおすすめする、うずらの卵商品2つとおいしく効果的に栄養がとれる活用例を紹介したいと思います。

 

約50個も入っている大容量の水煮缶

缶詰

 

50~55個も入っている「うずらの卵水煮缶」の価格は購入時398円(税抜き)でした。1個当たり約8円は他店に比べてとてもコスパが良いです! たっぷり大容量ですが缶詰なので未開封ならかなり日持ちがします。私が購入したものは購入日から約2年後とだいぶ先。鶏卵に比べて保存期間が長く、常温のまま保管できるのもうれしいポイントです。

 

■手軽にパパッと一品

ベーコン巻き

 

ベーコンを巻いて焼いただけで超簡単にできる一品です。味付けは不要、ベーコンの塩気だけで十分! おつまみやお弁当にもぴったりで子どもたちも大好きです。

 

 

■ラーメンのトッピングに

うずら


ラーメンの具材としてのせるのは鶏卵が一般的ですが、ひと口サイズで食べやすいうずらの卵もおすすめです。ビタミンCが含まれているほうれん草とキャベツものせて、おいしく栄養もしっかり摂取!

 

■醤油漬けなら1週間くらいは保存可能

うずら

 

未開封であればかなり持ちますが、開封後だとあまり日持ちがしません。冷蔵庫に入れて3日ほど、醤油漬けなど調味料に漬けたものだと冷蔵保存で1週間程度を目安に食べ切る必要があります。わが家は5人家族なので問題ないのですが、そんなに消費できない!という方には、業務スーパーで10個入りパウチも販売されているのでそちらをチェックしてみてください(購入時:125円税抜き)。

 

揚げるだけでおいしい冷凍の串フライ

フライ

 

冷凍惣菜コーナーにも便利な「うずらの卵」あります! 人気商品「うずらの卵串フライ」(購入時:258円税抜き)は、1本にうずらの卵が3個、計7本入っています。冷凍商品なので慌てて消費する心配もありません。フライパンで揚げ物をするとちょうど収まる長さなのも調理しやすく便利です。

 

■揚げたてにタルタルソースをかけて

タルタルソース

 

4分ほど揚げるだけで食卓に並べられるうずらの卵串フライ! ソースや醤油もおいしいけど相性が良くおすすめなのはタルタルソース。ビタミンCを含むキャベツの千切りをたっぷり添えて、夕飯のおかずの一品に。

■うずらの卵フライカレーに

カレー

 

週末のランチに家族が喜ぶメニューはカレー! いつものカレーにうずらの卵串フライをのせれば見た目もボリュームもUP! うずらの卵フライにカレーをかけて食べるのもとってもおいしいです。カレーにはきのこを入れて食物繊維をプラス、デザートにビタミンCたっぷりのキウイを添えて、バランスもばっちりの一食になります。

 

まとめ

栄養価の高いうずらの卵の栄養素と活用例、いかがでしたか。缶詰で保存が効く点とコスパが良いのはうれしいですよね。ただ、栄養価が高いなら……と一度にたくさん食べるのは栄養が偏ってしまうので注意が必要とのこと! ほかの食材とバランス良く組み合わせて適量(1日4、5個程度)をおいしく、日々の食事に取り入れていければと思います。

 

また、皮膚や髪の毛を健康に保つ効果のあるビオチンという成分は、うずらの卵より鶏卵のほうが多く含まれているそうなので、どちらかの卵に偏ることなく、料理によって使い分けてうまく摂取したほうが良さそうです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:舞

コストコ・カルディ・業務スーパーマニアの3児の母。学生のころから続けているバレーボールを今でも継続中。家事・育児に追われながらも、なるべく体を動かし健康・若さを保つべく日々奮闘中!

 

監修者・著者

管理栄養士 久野多恵


管理栄養士の資格を取得後、小児科に勤務。子育て中の親御さんの疑問や悩みが多い事に気づき、自身の学んだ栄養学を活かしたいと感じる。エビデンスに基づいた栄養指導の知識を深め、保健指導に尽力する。自身の出産・育児経験を経て、現在は、行政における乳幼児健診時の離乳食・幼児食相談、妊娠期相談を対面で行う。その他、離乳食教室や母親教室の講義を担当し、初めての子育てに不安なママさんへの疑問に向き合い、一緒に解決する機会を設けている。また、成人期・高齢期の栄養相談、講話なども行い、幅広い層への栄養知識を深める活動をする。1男1女の母であり、現在も子育てに奮闘中。  


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。