「絶対なんかあるな…」いつもと様子が明らかに違う息子。原因がわからなくて #太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 2

「太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話」第2話。太郎ちゃんが年長さんのころ、いつも通りに保育園に迎えに行くと、なぜか声が聞こえないほど小声で話すようになっていました。

突然の息子の異変に「これは何かのサインかも」と気づいたママさん。その原因は?

 

やっぱり手で口を覆っている……。

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 第2話

 

「品の良い息子がおる!!!」

 

お迎えに行くと、やっぱり手で口を覆っている……。

 

集団行動が苦手な太郎ちゃんには、当時保育園でやっていた運動会の練習、特に集団行動のマーチングの練習がストレスになっているかもしれないことがわかりました。

 

「休んでもいいんだよ」

 

保育園に行かないという選択肢を伝えても、「行く!」という太郎ちゃん。しかし、このあと症状が深刻化していくことに。

 

監修/助産師REIKO 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまゆん

    一児の男児の母。看護師として働いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶