暮らし ファッション 体験談

40代でおしゃれ迷子!自分の姿を見直してわかった自分に似合う服とは

1
おしゃれが大好きだったはずなのに、40代に入り突然今まで着ていた服に違和感が出始め、おしゃれ迷子になったアラフォー女子。自分自身の姿にちゃんと向き合ったことで、またおしゃれを楽しめるようになった体験談を紹介します。

ファッション

 

20代から百貨店に勤めていたこともあり、おしゃれが大好きでした。30代半ばで出産を経験しファッションに関するプライオリティーがおしゃれから機能性になりましたが、楽しく服と向き合えていました。しかし40代に入り、子どもたちのお世話も一段落して自分の時間が少しずつ取れるようになってみると、改めて自分の着ている服がどれを着てみてもしっくりこないことに気付いたのです。

 

続きを読む

変化した自分の姿に気付いてショック!

私服

 

30代は子育ての真っ只中で、動きやすく汚れても洗濯しやすい服を中心に着ていました。ボーダーシャツやマウンテンパーカー、カーディガンにデニムパンツなど、機能性は重視しつつも自分の好みにも合う服を着ていたので特に悩んではいませんでした。

 

しかし40代に入り、30代のころと同じファッションをしている自分の姿を鏡で見たとき、急に違和感を抱いたのです。なんだかしっくりこない……。どうしてなんだろう?と悩んでいたところ、たまたま子どもたちとアルバムを見て、そこに写っている30代の自分と今の自分の顔色や姿が大きく違うことに気付きました。


今の私は30代のときに比べ、体は筋肉が落ち運動不足で少し体重も増えました。顔はたるみ気味で、子育て中の外遊びの影響が出ているのか色白だった肌は少しくすんでいます。毎日メイクをする際に鏡で自分の顔を見ているとはいっても、毎日のことで変化に気付いていませんでした。

 

つい最近もお気に入りだったパステルピンクのカーディガンを着たとき、自分の顔に似合っていないこと、そして自分の緩んだ体型がかえって浮き彫りになり目立っていることに気付いてがくぜんとしたのです。

 

ぽっちゃり気味の私に合う着こなしとは

ぽっちゃり

 

突然おしゃれ迷子になり、何を着たら良いかわからなくなった私。ダメもとで、子育て中もったいないと思い着ていなかった独身時代の服を着てみたものの、案の定似合わない……。体型が予想以上に変化していてファスナーが締まらない服もありました。

 

とてもショックでしたが、おかげで目を覚ますことができました。結果的に私自身も驚くくらい服を処分し、残ったのはベーシックなシャツや体型に合ったパンツのみ。


そして早速、自分に似合う服探しをスタート。まずはYouTubeやブログなどで同世代の方のファッションを見て勉強しました。手軽にネットショッピングで購入しようと思いましたが、画像を見ただけではイメージがわかないのと試着できないので断念しました。でも、たくさんの服を見たことで自分に似合いそうな服のポイントがわかってきました。
・ボトムスは現状のサイズより1サイズ上も試着してバランスを見る。色はベーシック
・スカートは長めの丈を選び、縦ラインを強調
・トップスはおしりが隠れるくらいの丈を選んで体型をカバー
・くすみ気味な肌に似合うくすみ系のカラーを選択
私なりにこの4つのポイントを意識して買い物へ出かけました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。