暮らし 生活習慣 体験談

え、太っていると老けやすい?肥満と老化の関係をアンチエイジング医師が解説

1
肥満と老化の気になる関係について、美容・アンチエイジング専門医の黒田愛美先生に教えていただきました。太っているとどんな影響があるのか、詳しく説明します。

ダイエット

 

それまでと同じように過ごしているのに、40代になってから太ってきた……という人は多いでしょう。太ったことだけでも憂うつなのに、なんと医学的に見ると肥満と老化は密接に関わっているというのです。太っている人は老けやすいというのは本当なのか、美容・アンチエイジング専門医の黒田愛美先生に聞きました。

 

続きを読む

太っている人は体の“糖化”が進みやすい

体重増加

 

活性酸素による体の酸化が老化を早めるという話は聞いたことがありますが、糖化とはどういう現象なのでしょうか。

 

「糖化とは、食事からとった余分な糖質が体内で主にたんぱく質と結びついて、細胞を劣化させる現象です。太っている人は糖質を多くとり過ぎる傾向にあるため、体内に余分な糖が多くあり、糖化が進みやすいといえます。糖化が進み過ぎるとシワやくすみ、シミなど、特に肌の衰えが顕著になりやすくなります」(黒田先生)


 そして、老化の原因は糖化のときに作られる老化促進物質のAGE(糖化最終生成物)という物質が原因だと言います。

 

糖化で老化が早まりやすいのは…

黒田先生によると、個人差はありますがAGEが生成されると以下のような老化を早めやすいとのこと。

 

●肌のハリを保つコラーゲン繊維が破壊され、肌の弾力を失う。
●老廃物が皮膚の細胞に沈着し、シミやくすみとなって肌の透明感が失われる。
●髪のたんぱく質が糖化し、髪のハリやツヤがなくなる。

 

「糖化を防ぐには、毎日の食事と運動を見直すことが大切です」(黒田先生)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。