お産が進まない。帝王切開に切り替えようとしたそのとき…?!【体験談】

2018/07/31 23:00
32
この記事では、出産予定日を1週間過ぎ、誘発分娩をすることになった初産ママの体験談を紹介しています。バルーンの挿入、陣痛促進剤の点滴、それでもお産が進まない!疲労と眠気でママの意識は朦朧とし、帝王切開に切り替えようとしたそのとき……?!
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産

新生児

 

出産予定日を1週間過ぎても兆候がなかったため、入院して誘発分娩をすることになった初めての出産。バルーンを挿入しても鈍い痛みが続くだけで陣痛は来ず、促進剤を点滴してからも一向に赤ちゃんが降りて来なくて、疲労と眠気で意識は朦朧……。そんな私の出産体験記をお話しします。

 

バルーンが抜けちゃった?!

入院した日の夕方に、子宮口を広げるためのバルーンを挿入してもらいました。挿入時に痛みはさほど感じませんでしたが、前駆陣痛(ぜんくじんつう)のような鈍い痛みがずっと続いて、夜も眠れませんでした。

 

朝方、大をもよおしてトイレに行ったときに軽くいきむと、挿入してもらったバルーンが出てきてしまいました。タンポン感覚で自分で入れられるかと思いきや、どうやら外れてしまったようで、朝の内診で先生に「抜けちゃってるね〜」と言われてしまいました。

 

陣痛促進剤を点滴してからの長い苦しみ

バルーンでは効果が出なかったので、今度は点滴で陣痛促進剤が投与されました。

 

そこからは、長い痛みが定期的に訪れるようになりましたが、陣痛というものがどんな痛みなのか、何のイメージもない私にとっては、ただただ先の見えない逃れられない痛みに感じました。トイレに行くのも立ち上がるのもやっとです。

 

ついてくれた助産師さんに痛みの逃し方などを教えてもらいながら、やっと分娩台へ行きましたが、もうすでに力が入らないような状態でした。


帝王切開に切り替える……?!

産道が硬く、一向にお産が進まないので、私の疲労がピークに達してしまいました。意識が朦朧とするなか、「帝王切開に切り替えよう」という判断が出ました。

 

ここまで頑張ったのに残念な気持ちでいっぱいでしたが、医療用のソックスを履かせてもらい、手術に向けて準備。しかし、なんとその間に赤ちゃんが産道を降りてきて普通分娩で生まれてきました!

 

 

陣痛が始まってから1日以上かかって、やっと待望の赤ちゃんと対面できたとき、涙があふれました。出産の大変さを身を持って感じたとき、改めて母に感謝したことを覚えています。母は偉大だな〜と思った瞬間でもありました。


著者:山田孝子

不妊治療を経て高齢出産し、現在は三児の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味は旅行、仏像鑑賞、モノづくり。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 私は元旦から「おかしいな」と始まり、産まれたのが1月5日の夜中2時!!陣痛室にいた時間の36時間が記録として残ってますが、実質陣痛で苦しんだ時間はどれくらいだったことか…(笑) 初産がそんな感じだったので、二人目の10時間の出産がどんなに楽だったことか。ま、基本の「痛い」は最初も次も全く同じでしたけどね。

    2016/08/16 21:44
  • お産の兆候がなく、予定日の一週後に入院。二日間促進剤を点滴し、前駆陣痛で体力の消耗があり三日目は促進剤をお休みし、夕方の内診で破水。陣痛が強くなるのを期待していたけれど、夜間も子宮口は8㎝までしか開かず。四日目、赤ちゃんも徐脈になりお臍が絡んでるかもと帝王切開を視野に入れ術前検査。なるべく自然分娩をと願い医師の間でもカンファレンスしてくださり、ギリギリまで待ってくれました。自然分娩と緊急帝王切開できるようスタンバイしてくださり、早めに分娩室へ移動。夕方になり最後の最後に促進剤で陣痛を助けて何とか自然分娩できました。お臍がたすきがけのような状態だったそうです。無事に産まれてくれて良かったです。助産師さんと相談して母子手帳には破水してからの時間を記入してもらいましたが、実質は出産まで丸四日かかりました。分娩室にはほぼ三日いました。私は主のようでした。後から来た人がどんどん出産してなんとも言えない気分でした。

    2017/09/15 23:17
  • 完全破水してから出産まで丸一日架かりました。初産だったので、不安でしたが、3日とか4日架かった方もいらっしゃるのですね。お疲れ様です。ただ母子手帳には出産にかかった時間が6時間としか書かれて無かったのは、何故?と今でも疑問が残ります。
    破水したのはちょうど夜中の12時で、早朝までは陣痛で苦しんでました。前駆陣痛とは比べものにならない痛みだったので、あぁ生まれるんだーと思ってました。でも段々と陣痛が弱くなってきて、初産婦の私でも「ヤバいんじゃないかな。。」と思うほどでした。朝の10時過ぎにようやく促進剤が入り始め、そこからは順調に陣痛が来て、子宮口も夕方には10センチまで開いたのですが、そこからまた大変でした。切迫早産の薬を23週から私用してたので、産道が硬く、赤ちゃんがそこでとまっちゃったのです。夜10時頃には、私の体力も限界になってきて、鉗子になるか、母子共に危険だけど最悪、手術になるか、(しかも、手術になるなら明日の朝の会議以降に決まるので待って)と言われました。でも研修医の先生しか残ってなかったので、それが逆に幸い?だったのか、規定量以上の促進剤をぶっ込み続け、その研修医の男の先生に馬乗りになられてお腹を圧迫され続け、なんとか深夜12時ちょっと前に自然分娩で生まれてくれました。
    でも、退院後に母子手帳を見たら6時間。としか書かれてません。何故だ~!!と思いました。私も赤ちゃんもすごく頑張ったのに!
    その大切な記録だったのに!
    記入する人が何か勘違いしたのか、定時にとっとと帰った主治医がいい加減だったのかは判りません。些末なことかも知れませんが、当初は本当にがっかりしました。周産期中に通院(私の場合は入院も)してる間に、その病院に対しては色々なことで不信感が出てきたのですが、病院を変える勇気と知恵が無かった私も悪いのだと今では、思い煩わないようなりました。妊婦さんが色々と悩んだり、不安に思ったりすることは、「妊娠中の特有の不安はよくあることだから」と妊婦さん自身も、周りの人も軽く見ずに、もう少し省みてほしいなと想います。また、相談窓口なども地域によって異なるでしょうが、広く認知されるようになればいいなと望んでます。

    2018/02/16 11:12
  • 3人目。朝方にお印、病院で御昼食べて、タクシーで、進むようならすぐって言われて、ご飯も軽く済ませ、シャワーも浴び、お隣さんに上の子達のお迎えも済ませ、旦那が覗きに来るまでなかなか進まず、促進剤を入れて30分で産まれた。
    晩御飯食べに帰ってた。
    出産時間は2時間ってかかれてます。

    促進剤入れるならそういって欲しかったし、えいんせっかいの麻酔ももう少し早めが良かった。

    2018/08/25 22:10

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
32

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。