暮らし 体験談 美容

「またシミが増えた…」専門医が教える老化を抑えるビタミンCのとり方

0
シミ対策にはビタミンCが良いということは広く知られていますが、効果的なとり方というと……? なるべくビタミンCが豊富な野菜や果物をとるくらいしか思いつかなかったりします。美容・アンチエイジング専門医の黒田愛美先生にビタミンCの効果的な摂取法を聞きました。

シミ1

 

続きを読む

40代以降はなぜシミが増える?

しみ2

 

そもそも、どうして加齢とともにシミは増えるのでしょうか。

 

「過労やストレス、紫外線や添加物、排気ガスなど、私たちの周りには活性酸素を増加させる要因がたくさんあります。シミはこの活性酸素が過剰に発生することで血行不良になり、皮膚の再生能力が落ちてメラニンのターンオーバーが乱れることで生まれます。

 

若いときは活性酸素を除去する能力が高いのですが、年を重ねるごとに活性酸素を除去する能力は落ちていきます。さらに更年期に入ると女性ホルモンが乱れて一時的にメラニンの生成が高まります。40代以降になると急にシミが増えるのにはいくつかの要因が重なっているのです」(黒田先生)。​

 

シミ対策には抗酸化作用が高いビタミンC

しみ3

 

加齢とともに落ちる、活性酸素除去能力。それを補ってくれるのがビタミンCだそうです。

 

「人間は本来、不必要な活性酸素を除去する酵素や栄養素をたくさん持っています。それをうまく利用させるにはミトコンドリア機能を上げることが大切です」(黒田先生)。

 

ミトコンドリア機能とはちょっと聞き慣れない言葉ですが、人間の生命に欠かせない機能だと言います。

 

「体の中には60兆くらいの細胞があって、その細胞の中にミトコンドリアというエネルギー産生器官があります。ミトコンドリアはATPというエネルギーを作って、私たちの行動や生命を維持し、支えてくれているのです。しかし、加齢などミトコンドリア機能が低下すると活性酸素処理能力が低下し、体内に炎症が起きたり、疲れやすくなったり、消化不良になったりと生命活動も低下してしまいます。

 

そして、そのミトコンドリア機能を上げるためにはビタミンCが必要不可欠な栄養素とされています。ビタミンCは活性酸素を除去してくれる抗酸化物質だからです」(黒田先生)。

 

つまり、若いときよりも40代以降になったら多くのビタミンCが必要だということです。

効果的なビタミンCのとり方

しみ4

 

オフィシャルブログ「Dr.黒田愛美のHealth &Beauty Room」より


40代以降になったらどれくらいのビタミンCが必要なのでしょうか。

 

「ビタミンCに限りませんが、その人が必要な栄養素は一人ひとり違います。また、ビタミンCは必要な部分に優先的に運ばれる栄養素です。強いストレスがあったり感染症にかかったりしていると皮膚まで届きません。一番優先されるのは心臓で、皮膚は一番最後なのです。

 

こういった特性を考えると、40代以降なら、健康なときでも1日3000㎎は必要だと思います。食事からとることも大切ですが、無理なく摂取するならサプリメントが効率的です。また、風邪をひいたときは10000㎎はとらないと皮膚まで運ばれません。私も通常は3000㎎をとっていますが、運動したときやお酒を飲んだときなどは量を増やしています。

 

ビタミンCは水溶性なので、多くのビタミンCをとって血中濃度を高めることが大切です。1回につき1000㎎以上のビタミンC摂取で血中濃度が高まることがわかっています」(黒田先生)。

 

写真で紹介しているのは、黒田先生が愛飲している「ビタミンC」(分子生理化学研究所)です。1包3000㎎で、体調や目的に応じて1日1~3包飲んでいるそうです。

 

まとめ

いかがでしたか? 野菜や果物といったレベルではなく、これはもうサプリでとるしかないと思ってしまいました。黒田先生によればビタミンCはシミ対策だけでなく疲労回復効果もあるということなので、更年期女性には欠かせない栄養成分ですね!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

監修者

医師 黒田愛美先生


美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。