50歳で憧れのグレイヘアを実現!白髪染めのストレスから解放【体験談】

定期的に白髪のリタッチに通っていた美容院で粗雑な扱いを受け、いっそのこと白髪染めをやめてグレイヘアを目指すことにしたアラフィフ女性が、グレイヘアを達成するまでの体験談です。

白髪染め1

 

白髪のリタッチで毎月訪れるヘアサロン。当たり障りのない話をするのも正直面倒くさい。リタッチ代もバカにならないし、サロンに行けば2~3時間はかかってしまう……。なんだか時間もお金ももったいないなと思っていたころ、美容師の知人から「逆に全部白髪に染めるか、もう染めるのをやめてみたら? 染めることがストレスになっているなら即ストップすべき」とアドバイスをもらいました。それをきっかけにグレイヘアを目指すことにした私の体験談です。

 

リタッチに要する時間とサロン代が苦痛

白髪染め2

 

生え際の白髪が気になって、毎月ヘアサロンに行かなければならないけれど、その時間を作らなければならないことや、拘束時間が長いことが苦痛になっていました。平日フルタイムで勤務していたので、土・日・祝日は体調を整える大切な時間でした。そして40代も半ばになってくると、美容院で同じ体勢で過ごすのが正直体力的にかなりきつく感じるようになりました。

 

当時通っていたのは、回数券を購入すると1回分のリタッチ代が無料になる美容院で、経済的には魅力的だったので3~4週間隔でリタッチに通っていました。ただ、回数券利用者はおざなりにされることがしばしばありました。例えば、シャンプーの量が少なくて泡立たなかったり、シャンプー台であお向けのまま放置されたり、ドライヤーのあとのスタイリングが省かれたりと、回数券の利用者は毎月必ず訪れるとサロン側も認識しているからか、何度となく扱いが雑だなぁと感じてモヤモヤしました。

 

私が白髪染めをし始めたのは30代半ばごろでしたので、それから10年くらいはリタッチのために通いながらモヤモヤ……。そしていつの間にか、白髪のリタッチにかける時間とお金がムダだと感じるようになりました。

 

いっそのことヘアカラーをやめよう!

白髪染め3

 

リタッチに行くのがかなりのストレスになり始めていたころ、半年に1度、ヘアカットに行っている美容院の店長から「逆に全部白髪にカラーリングするか、ヘアカラーをやめるってのもありじゃない?」 とアドバイスされました。以来、道行くグレイヘアの方たちが気になって観察するようになりました。

 

また、グレイヘアの有名人をキーワードにネット検索もしてみました。「へぇ! 結構たくさんいらっしゃるのね!」 というのが私の第一印象でした。以前からすてきだなと思っていた方がファッションデザイナーのJunko Shimadaさん。以前、トーク番組で拝見した際に、緩くふんわりとアップにされたグレイヘアがナチュラルでおしゃれでとても印象的でした。そのほかにも元モデルの結城アンナさん(岩城滉一さんの奥さま)や、女優の草笛光子さんなどたくさんいらっしゃいます。皆さん信念を持っている印象があり、ライフスタイルや仕事に対する姿勢がとてもすてき!と思う方たちばかりでした。彼女たちをお手本に私もグレイヘアを目指そう! そう決心したのは40代半ばころでした。

 

生え際が気になるまだら期の過ごし方

白髪染め4

 

グレイヘアに向けて白髪を染めない生活をスタートさせましたが、モヤモヤしたのが家族や友人の「まだ若いのに」「きれいにしないの?」「もったいない」 という言葉に対してです。グレイヘアに対して偏見が多々あることに気付かされました。他人の意見に惑わされてグレイヘアを諦めてしまわないよう、自分の意志を強く持つことにしました。

 

根元の白髪が気になり始めたころは、グレイヘアの有名人を参考にしました。どの方も前髪をふんわりさせていたので、私も前髪をポンパドールにしたところ、若干気になるかな?程度の印象に。当時の私は天然パーマのウェービーなショートボブ。しばらくは前髪ポンパドールでやり過ごしましたが、後ろ髪が伸びると“落ち武者感”(笑)が出てきたので、その後1年ほどはヘアクリップでまとめていました。

 

後ろ髪が肩甲骨にやや届くくらいになったころ、カットをしに美容院へ。カラーリング部分がほぼなくなり、グレイヘアのショートボブに変身できました。パサつき感があるとみすぼらしい印象になるので、ヘアムースやジェルでウェット感を出しています。美容院に行きづらい昨今は、長くなった髪をお団子にまとめています。

まとめ

グレイヘアにする前は「グレイヘアにしたら今の服は似合わなくなるのかな?」と心配しましたが、いざグレイヘアになると変える必要性を感じず、以前と変わらない服装をしています。職場で「ヘアスタイルがすてきですね。将来、私もグレイヘアにしようかな」 と若い方に言われたり、外出先で知らない同年代の方に「突然すみません。どうやってグレイヘアにされたのですか? とてもすてきですね」 といきなり話しかけられたりして、驚きながらもとてもうれしかったです。

 

リタッチにかかる時間と費用が大幅に削減できたので、いつもより良いワインを購入したり、家庭菜園で収穫した野菜でゆっくり料理したり、私時間を充実することができています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:cat herba

保護猫17匹のお世話をしているアラフィフ女子。近所の農家さんから畑を借りてオーガニック野菜を栽培し、収穫した野菜を使って発酵食品づくりを楽しんでいる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶