暮らし 体験談 ダイエット

「もっと食べたい」から解放された!ストレスゼロダイエット法【体験談】

1
今までいろいろなダイエットを体験し、その効果もあって体重が増加してもなんとか戻すことに成功してきた主婦。しかし、どのダイエット法も「もっと食べたい!」という気持ちがたまるばかり。そんな主婦が「もっと食べたい」から解放され、ストレスなく結果を出し続けるダイエットの体験談を紹介します。



ダイエット1

 

もともと中肉中背の私は、30代までは特にダイエットを意識する必要はありませんでした。ところが、40歳を過ぎたころから体重増加が気になるようになり、2~3kg増えては慌ててダイエット。なんとか必死で体重維持を心がけてきました。

 

しかし、やっとの思いで増えた体重を戻しても「好きなものをもっと食べたい!」という欲求はどんどんたまり、長期間のダイエットは続けらませんでした。そんな私がストレスのないダイエット法で結果を出しつつ、今も無理なく続けているという体験談です。

 

続きを読む

効果が出ても不満がたまる

ダイエット2

 

30代では食べたいものを食べても体重維持ができていましたが、年齢とともにだんだん体重増加が気になり出し、3kgほど増加するたびに慌ててダイエット。いろいろ試したダイエット法のなかには挫折したものもありますが、なんとか体重を戻すまで頑張ることができたダイエット法もあります。しかし、増加した体重を戻すことができても「もっと食べたい!」という不満はたまるばかり。

 

例えば白米をもち麦に代えたり、糸こんにゃくを細かく切りご飯に見立てて白米の量を減らしたりと、増えてしまった体重を戻すまでは挫折せず、なんとか結果を出すことができたダイエット法もありました。またダイエット中でなくても常に体重増加をできるだけ防ごうと、ご飯やお菓子、脂っこい食べ物などを極力減らす意識も。そのため、いつも「好きなものをもっと自由に食べたい!」というストレスにより長期間ダイエットは成功した試しがありません。

 

これだ!ストレスのないダイエット法

ダイエット3

 

40歳を過ぎたころからは注意しないと体重がすぐに増加するようになり、常にダイエット意識は頭から離れたことはありません。せめて1食につきご飯1膳は食べたい、ラーメンも食べたい、もう少し甘い物も食べたいなど、ダイエットを意識している生活には我慢が多く、それがストレスになって暴飲暴食をしてしまうことも。

 

もちろん、ラクしてダイエットができるとは思ってはいませんでしたが、もう少し「食べたい!」というストレスの少ないダイエット法はないかと探したところ気になるものが! それは何人ものドクターがすすめているダイエット法で、ネーミングは統一されていませんが16時間断食ダイエットというものです。


その名のとおり16時間の断食を毎日おこなうことで、好きなものをある程度食べてもダイエット効果が期待できるというものでした。これを見たときに「これだ!」と感じた私はもっと詳しく調べてみることにしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。