出産後に12kg増!結婚当時の体型に戻りたい!私を変えたランニング

年とともにぽっちゃりしてきたと気付きつつも、子育ての忙しさを言い訳に見て見ぬふりをしていた女性が、一念発起してランニングによる減量に挑戦。減量だけではないランニングの効果を実感しているという体験談。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

ランニング1

 

子育ての忙しさを言い訳にしながらずっと諦めてきた、ぽっちゃり体型。食事制限しても痩せない上に、疲れやすいなど加齢による悩みも増えてきて、もう自分はこのまま年を重ねていくしかないんだなと思っていました。でも、子どもが大きくなりわが身を顧みるゆとりができたころ、「このままのぽっちゃりした体型で良いの?」と感じるように。

 

「まだ遅くない、挑戦してみよう」と湧き上がる気持ちを胸に、輝く私になるために走り始めた体験談をお伝えします。

 

続きを読む

ランニング2

ランニング3

 

娘との会話をきっかけに減量を決意!

子どもの手が少しずつ離れて心にも余裕が出てきた43歳のころのことです。おしゃれに目覚めた娘にファッションのアドバイスをしていたとき 、ふと思いました。「こんなぽっちゃり体型の私が言っても伝わらない…… 。娘にアドバイスするために思い切って減量してみる? 減量するなら40代前半の今しかない!」と。

 

結婚当時の30歳のころはどちらかというと痩せ型でしたが、妊娠と出産を機に12kgも体重が増えてしまっていました。洋服のサイズも変わって選ぶ余地がないので、好きだったおしゃれをすることも楽しくなくなっていました。痩せて結婚当時の体型に戻りたいという気持ちが、そのとき芽生えました。そして、娘と一緒におしゃれを楽しみたいと次第に思い始めました。

 

そんな折、地元の友人がランニングをしている話を聞きました。走って減量に成功し、以前より体調も良くなったとメリットを教えてもらい、感化されました。どんなときも前向きに頑張る友人の姿勢を私も見習おうと力強く背中を押されました。私にできるかわからないけれど、まずはやってみよう! 1kmも走れなかった私が一念発起したのでした。

 

張り切り過ぎていきなりアクシデント発生

ランニングの先輩である友人にアドバイスしてもらい、シューズとウエアを買いそろえて早速、挑戦! 走行距離や時間を記録できる便利なスマートフォンアプリも利用しつつスタートしました。初めはほんの数百m走るのもやっとで、心が折れそうになる日も。それでも、1㎞走れたら次は2㎞、3㎞と少しずつ走る距離を伸ばし、1カ月たつころには5㎞続けて走れるようになりました。

 

しかし走り始めて45日後、右足首に違和感が。そして少し痛む程度だった足首はみるみる腫れてきて、数日後には激痛が走るほどに悪化。医師の診断は、オーバーワークとのことでした。45日間で合計160㎞を歩いたり走ったりしていたので、足に相当な負担をかけていたのです。いきなり張り切り過ぎたのだと反省しました。

 

どうしても欠席できない学校の行事や、子どもの習い事には足を引きずって行きましたが、それ以外はとにかく休養して治療に専念。完治するまでに1カ月半かかりましたが、無理のし過ぎは良くないと学ぶ、良い経験となりました。せっかくの一念発起を無駄にしまい、決して諦めないと自分に言い聞かせ、足首が完治するのを待ってランニングを再開しました。

 

体と向き合って自分なりにできることを

体調や気候によりウォーキングも取り入れ、走り始めてもうすぐ2年になります。走るときは必ず足首やひざ用サポーターを着用し、けがに気を付けて取り組むようにしています。加齢により故障しやすいので、運動前後のストレッチや水分補給などにも細心の注意を払っています。 雨の日はテレビでYouTubeを流して家の中でエアロビクスをするときも。子どもと一緒に体を動かせば、親子の楽しいコミュニケーションにもなっています。

 

私が身をもって学んだ運動する上で大切なこと。それは、体調や気分が万全でないときは無理をしない。心と体は連動しているということです。運動効果の表れは一番の原動力に。2年で7kg体重が減り、以前より体力も付きました。目標の体重まであと5kgなので、今はそれを目指して走っています。

 

単身赴任先で暮らす夫が、今度は私に感化されて走り始めました。夫婦で同じアプリを使い切磋琢磨して励んでいます。離れていても共通の話題でつながれるのはうれしいです。不得手なことにも挑戦できたのは、家族や友人の存在があってこそ。今では減量のために始めた走ることが趣味へと変わり、心と体に良い影響をもたらしていると実感しています。

 

まとめ

残暑のなかをドキドキして走り始めた日のことを、今でもよく覚えています。最初の一歩を踏み出すのは思っていたより難しくはありませんでした。自分磨きを諦めてきた期間もありましたが、そんな鬱々とした期間があったからこそ、かえって心を奮い立たせることができたのだと思います。

 

ランニングに出会い、何事にも挑戦する気持ちを持ったり、走る時間を捻出するために工夫して家事をこなしたりできるようになりました。健康的に体重が減っただけではなく、自分で良いと思える自分に近づいているような気がしています。痩せてきたらおしゃれが楽しくなり、鏡を見ることも増えました。目標の体重を達成して結婚当時の体型に戻ることを励みに、これからも体と向き合って走ろうと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:あめあがりのにじ

映画と音楽をこよなく愛する小学生女児の母。娘とお互いの推しを応援することが楽しみ。 心と体のアンチエイジングをゆるりと実践中。座右の銘は「雨垂れ石を穿つ」。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターしおみ なおこ

    フリーランスイラストレーター。女性向け媒体をメインに、「大人かわいい」テイストのガールズイラストを描いています。夏とワインが好き。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP