暮らし 体験談 ダイエット 体調管理

体が軽い!肌の調子もイイ!美容専門医も実践する「16時間断食」とは?

0
断食というと宗教的なイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし断食は「インターミットファスティング」として、海外セレブの間ではオーソドックスなダイエット法・健康法のひとつ。なかでも16時間は何も食べず残り8時間に好きなものを食べるという16時間断食が話題になっています。美容・アンチエイジング専門医の黒田愛美先生も4~5年前から実践しているとのこと。16時間断食の方法や効果、注意点を聞きました。

「16時間断食」とは?

 

続きを読む

16時間断食とは?

ドリンクを飲んでいるイメージ

 

そもそも、どうして断食が健康や美容に良いと支持されているのでしょうか。

 

「最後に食べ物を口にしてから10時間がたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われ始めます。その後も空腹時間を維持して16時間続くと、今度はオートファジーという作用が働きます。オートファジーとは、細胞内で古くなったり壊れてしまったりした悪玉たんぱく質をエネルギー源として処理し、新しいたんぱく質を作り出すメカニズムです。つまり、空腹状態により古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるのです。痩せるのはもちろん、アンチエイジング効果も期待できます」(黒田先生)

 

16時間空腹を保つだけで、痩せてきれいになれる……。とても魅力的! とはいえ、16時間といえば1日24時間の大半……その間何も口にできないのでしょうか。

 

「水とナッツだけ、スムージーだけと方法はいろいろあるようですが、私はデカフェにアーモンドミルクやオーツミルクなどに、スパイスやグアガムの食物繊維やMCTパウダー、天然由来の甘味料などを加えた自家製ドリンクを飲んでいます。どれだけ体に良くても、毎日同じものを体内に入れるのは良くないので、いろいろバリエーションを変えています」(黒田先生)

 

人によって腸内環境や消化力が違うので、ドリンクは絶対にこれというものはなく、個人の好みや体質によって変えて良いと言います。ただ、カフェインが強かったり糖分が高い飲み物はおすすめしないそう。

 

16時間でなくてもOK。無理は禁物

スリムになったイメージ

 

また、16時間断食といっても16時間にこだわりすぎなくてもいいそうです。

 

「16時間は目安であり、絶対にその時間を守る必要はありません。例えば最初は12時間から始めて、慣れたら16時間にできるだけ近づけていくというのも良いと思います。逆に、16時間はつらいと感じるなら減らしてもいいのです。

 

試してみて、つらいな、きついなと感じたら無理はしないでください。16時間断食は副腎疲労や肝機能が落ちた方には負担が大きいのでおすすめしません。また、40代、50代はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。更年期症状がつらいときはお休みするなど、体調を見ながら続けることが大切です」(黒田先生)

 

しかし、うまく軌道に乗れば断食を続けることで体が軽くスッキリし、肌の調子が良くなったという人が多いと黒田先生は言います。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。