3カ月で体重4kg減!気になっていた「カーブス」に行ってみた【体験談】

ずっと気になっていました、スポーツジムの“カーブス”。話によると、無理なく運動ができてアラフィフ世代にはちょうどいいとか。コロナ禍での外出自粛を言い訳に面倒になっていた普通のジムを退会し、ゴロゴロ、むしゃむしゃ、もぐもぐと気付けば体重7kg増! さすがにまずいなと危機感を覚えたころに、カーブス2週間無料体験ののぼりを発見。カーブスなら長続きするかもと、これを機に体験してくることにしました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

カーブス1

 

アラフィフはまだ若い!?

カーブス2

 

最初にジムを訪ねて、その年齢層の高さにビックリ! 店舗や地域によって年齢層に違いはあるものの、今回のカーブスはアラフォーっぽい方もいるけれど、多分アラフォー世代は最年少クラス。アラフィフもまだまだ若者といった感じ。

 

来ている先輩方の話に聞き耳を立ててみると、新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まったころに、接種が終わったとか、1回目予約したということから予測するに、たぶん高齢で70歳後半、中心世代が60歳前後。おなかぽよぽよのおばさま方が多く、あれ? もしかして自分は痩せている?と錯覚してしまう怖さもありました。

 

脂肪燃焼に有効なサーキットトレーニング

カーブス3

 

画像はイメージです


カーブスは、いわゆるサーキットトレーニング。通常の筋力トレーニングは、10回×3セットのように同じ筋力トレーニングを連続しておこなうことが多いけれど、サーキットトレーニングは、筋力トレーニングを複数回せず、1セットおこなったら次は別のマシンに移るトレーニング方法だそうです。マシンとマシンの間にランニングマシンなどの有酸素運動を交互に挟むことで、短期間で高い脂肪燃焼効果や心肺持久力・筋持久力のアップなどが期待できるとのこと。

 

カーブスでは、12種類のマシンが円形に並べてあり、1つのマシンが終わったら次はステップ板の上で足踏み、そして次のマシンへ。それを各30秒ずつで2周、合計24分の運動時間。これにストレッチを加えて、約30分でノルマ終了です。

 

自分に合った負荷をかけられる

カーブス4

 

画像はイメージです


実際にやってみた感想は、「ゆる~い、ゆる過ぎる」です。

 

重りを設置するウエイト式ではなく、動かす速さで負荷を調整する油圧式なので、ゆるいと感じたらとにかく速く動かさなければなりません。この油圧式ゆえに、どの筋力レベルの人でも速さを調整すれば自分に合った負荷がかけられるというわけです。

 

偉そうに「ゆる~い」と言うならば、ガシガシ速く動かせばいいことなのですが、ウエイトのときは与えられた重さを持ち上げるノルマを与えられますが、油圧式だと、自分に甘くなっちゃうんですよねぇ。

 

また、マシン1回が30秒なので、つらくなるまで追い込むのが好きな人にとっては物足りないかもしれません。どのマシンも時間が短く筋肉がついている感じがなくやや不完全燃焼ぎみ……。

 

ただこのシステムゆえに、ご年配の方や体力のない方でも無理なく続けられるのが魅力だと思います。

 

セミパーソナルシステムが無料!

カーブス5

 

正直、物足りなさがあったので入会するのは少し迷いました。でも、入会しました。

 

決め手となったのは、セミパーソナルシステム。常時インストラクターがマシンの周りに付き、正しい姿勢や動かし方を教えてくれるからです。マシンは、脚の向きや目線の高さ1つで筋肉のつき方や有効な筋肉のつけ方が違ってくるので、インストラクターに修正されることで短時間でも効率よく筋肉がつけられるという訳です。

 

物足りないと伝えたところ、横について「もっと速く! 速く!」と、鼓舞してくれるので、油圧式といえども自分を追い込むこともできるのです。

 

通常のジムでは、何度かトレーナーをつけましたが、1回1時間6000円と高額! それがカーブスでは無料で指導を受けられる点は、コスパ最高です!

まとめ

個人的な見地から、カーブスのメリットはセミパーソナルシステムと、30分という短時間の気軽さ、さほどつらくない運動なので無理なく続けられる点だと思います。追い込みたいタイプの人には物足りない、負荷が軽いので筋肉の付きが遅いといったゆるさはありますが、スポーツジムは続かずに挫折してしまうことが多いので、続けやすいというのは大きなメリットだと思います。運動は続けることが一番大事ですからね。

 

現在、入会から3カ月が経過しましたが、体重は4㎏減に。ゆる~いながらもきっちり痩せてきています!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:井上 裕紀子

読モを経て、ファッション誌、情報誌などのフリーライターへ。しわ、肝斑、たるみ、更年期太りと苦しい戦いを続けつつも、その先にいったい何があるのか見えない迷える五十路女子。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶