暮らし 体験談

白髪対策迷子から脱却!白髪歴20年の私がたどり着いた3つの合わせ技

0
20代のころから白髪があり、40代半ばとなった今は、染めなければ真っ白になってしまうではないかというほどに。髪へのストレスを考慮しつつ試行錯誤した結果、たどり着いたのは3種の白髪染めの合わせ技でした。

白髪対策1

 

私が初めて白髪が1本生えていることに気付いたのは、25歳のときです。その後20代後半で、当時付き合っていた彼に白髪があることを指摘され、初めて白髪染めに挑戦したのを覚えています。

 

40歳を過ぎると、加齢が一気に加速。40代半ばの今は、「染めなければすべての髪が真っ白なんじゃないか」と真剣に思うくらいの白髪の量です。そんな私が約20年近く白髪に悩み続け、格闘し、現在たどり着いた白髪対策についてお話しします。

 

続きを読む

白髪の悩みでストレスいっぱいの生活

白髪対策2

 

初めて白髪染めをした20代後半のころは3カ月に1回染める程度でしたが、40代半ばとなった現在はそれではとても間に合いません。月に1回は美容院で全体染めをしてもらい、2週間に1回は自宅で市販カラーを使って根元染めをしています。 美容院で染めてからの1週間は白髪が見えないので気分良く過ごせるのですが、少しでも白髪が出てくると一気に老けて見えるので、テンション急降下。

 

ハーフアップのヘアスタイルが好きなのですが、上げた髪の内側の白髪が気になり、恐怖さえ感じ、このヘアスタイルは美容院で染めた1週目しかできません。また、背の高い人が横に立つと、頭のてっぺんの白髪がバレるんじゃないかとドキドキしたり、きついカラー剤で髪がパサついたりと、とにかく髪へのストレスでいっぱいの生活でした。

 

白髪用トリートメントを試してみたものの…

白髪対策3

 

30代~現在まで美容院と自宅の両方で染めていますが、長期間の白髪用カラー剤による地肌トラブルの可能性を考え、一時期に2カ月間程度、自宅で白髪用のトリートメントを使ってみました。この商品は、髪の表面をコーティングして色を付けるヘアマニキュアタイプで、髪や頭皮をいたわりながら白髪を自然な色合いに仕上げるトリートメントになります。

 

使用方法は2~3日に1回、シャンプー後に塗布し、30分ほどおいたあと洗い流します。徐々に染まっていくので、3~4回くらい使用してだんだん染まってきたら、週1回程度の使用でOK というもの。私が実際に使用したあと、たしかに髪の傷みは少なかったですが、カラー剤のようにはしっかり色が入っていない部分があったり、色持ちが続かず染めた色が落ちてしまったり、トリートメントを洗い流してもタオルに染色が付いたりと、いろいろ面倒になり、挫折してしまいました。

 

トリートメントなので髪や地肌にはやさしいという点で使い始めたのですが、続けられず、とても残念に思いました。「これからの対策、どうしよう……」とまた悩み、「やはりしっかり染まるカラー剤に戻るしかない」と決意しました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。