「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

「不倫夫にサヨナラ」最終話。ウジウジと言い訳をしようとしたり、謝れば済むと思っていたり、何かと理由をつけたり。夫は素直に離婚を認めようとしません。そんな姿に夫の不甲斐なさを痛感したマリコさんは、覚悟を口にする――!

 

続きを読む

バカにしないで

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

「父親を奪いたくなかった。けれど…」サレ妻が突き付けた覚悟 #不倫夫にサヨナラ 最終話

 

 

「父親ヅラされるくらいなら、母子家庭のほうがマシ」

 

何かにつけて離婚を認めようとしない夫に、マリコさんはキッパリ言い放ちます。

これ以上の話し合いは不要。拒絶するように夫と不倫相手を追い出しました。

 

息子とふたりきり。部屋に静寂が訪れると堪えていたものが一気に溢れ出して……。

夫や不倫相手への怒り、覚悟を口にする辛さ、不倫で苦しめられた思い、

もちろんそれだけではないと思いますが、言葉にできないさまざまな気持ちが涙となってこぼれ落ちたのでしょう。

 

不倫でママやパパ、子どもが辛い思いをしないのが一番ですが、

マリコさんの体験のようなこともあると、何か発見があったらなと思っています。

作画:Sumi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマリコ@サレ妻

    1児の母。ワンオペ育児にパートに追われる日々の中、旦那に不倫されました。そんな旦那を地獄に落とすまでの日々を綴っています!「バイバイ!クソ旦那」作:マリコ、作画:Sumi(@sumi_misaki)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      旦那は今更感満載で後悔するでしょうけど… もう、後の祭りでしかないの。 脳内お花畑だったんだろうね、旦那も不倫相手も。 マリコさんもお子さんも傷付けてるのは事実なんだよ。 抗えない事実なんです。 まぁ… もっと見る
      旦那は今更感満載で後悔するでしょうけど…
      もう、後の祭りでしかないの。
      脳内お花畑だったんだろうね、旦那も不倫相手も。
      マリコさんもお子さんも傷付けてるのは事実なんだよ。
      抗えない事実なんです。
      まぁ、仕事ばかりで家では何もしないクソ旦那は不要です。
      無理して婚姻生活したって…ね…。
      +335 -10
    • 通報
      みんな不幸だけど「子供可哀想」はやめて。 世の中のシングルマザーを否定しているようにしか聞こえないし、そもそも「離婚=不幸」と考えているのは日本だからから、家庭はバカバカしい完全性を守るものではなく、… もっと見る
      みんな不幸だけど「子供可哀想」はやめて。
      世の中のシングルマザーを否定しているようにしか聞こえないし、そもそも「離婚=不幸」と考えているのは日本だからから、家庭はバカバカしい完全性を守るものではなく、幸せじゃなくてはいけないところだから、クソ親排除はめでたしめでたしで離婚パーティーをする国もあるよ。

      クソ男がいなくなって悪いことをなんてないし、こんな婚姻でも応援するのは女子供をバカにしているとしか思えない。
      +513 -46
    • 通報
      うーーーーん!みんな不幸!
      誰も救われない悲しい世界だね。
      特に子供にとっては最低最悪みてらんない。
      +150 -319

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP