口唇口蓋裂の娘にとって欠かせない保護床!しかし、管理や調整が大変で…

「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」155話は、今回は口蓋裂手術から使用している装具、保護床についてのお話です。

続きを読む

口蓋裂手術から使用している装具、保護床

jeniko155

 

創部を守る以外にもさまざまな機能をもつこの保護床は、とても大切なのできちんとした管理が必要です。

 

しかし……。

 

jeniko155

 

口から取れたことに気付かないでいると、透明かつ小さいので探すのが大変……!!
さらに、とにかくとても薄いので、ちょっとしたトラブルで簡単にひびが入ったり、欠けたりします。

 

ときには真っ二つに壊れてしまうことも……。

 

また、成長期にともない新しい歯が生えてくると、その部分があたってつけられなくなり、かみ合わせが悪くなるので、細やかな調整が必要になります。

 

jeniko155

 

jeniko154

 

乳歯が生えそろうまでは特に、その都度閉鎖床の調整をするために、1週間・2週間とわりと短いスパンでの通院が続くことがありました。

 

娘自身も口の中の型取りが怖いので通うたびに大泣きしてしまうし、硬口蓋裂の穴に食べ物が入り込みやすいので鼻から出やすく、食事が大変そうでした。

 

レチナのときはどうしても嫌がってどんなに言い聞かせても、なかなかつけてくれませんでしたが、保護床がないことに関しては、娘自身も口の中の調子が良くないと強く感じるようだったので、外れて取れた場合は自分から進んですぐに知らせてくれるようになりました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターじぇにこ

    1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!

    同じ著者の連載

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP