「いっそ辞めたらいいのに」LINE誤送信で「邪魔者扱い」を知った妻。夫は不安に駆られて… #僕と帰ってこない妻 20

「僕と帰ってこない妻」第20話。夫婦円満だと思っていたのに妻が突然子どもを連れて家出した。理由がわからない。

2年前、妻が妊娠。切迫流産だと診断され、絶対安静の指示が。仕事が大好きだったのに、今では職場で陰口を言われている。

「きっと退職を促されてるんだ……」

 

疑念が確信に変わった、その驚愕の理由とは?

続きを読む

「僕と帰ってこない妻」第20話

「僕と帰ってこない妻」第20話

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「僕と帰ってこない妻」第20話

 

「いっそのこと退職してくれたら新しい人が配属されるのにね」

 

LINEの誤送信を読んでしまった。

 

やっぱりみんな、そう思ってたんだ……。

 

産休、育休の制度があっても、こんな職場環境だからみんな辞めていくし、辞めざるをえない。

 

あんなに仕事が大好きで、いきいきと働いていた妻が、初めて職場のことを悪く言った。

 

切迫流産でただでさえつらいときに、仕事のことでこんなにも悩み、傷ついている。

 

 

でもこのまま本当に仕事を辞めたら、自分ひとりの稼ぎで家族3人養える? 今は妻のほうが稼ぎが多いのに……不安に駆られて……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    • 通報
      旦那さんの会社同様に雪穂さんの職場もノルマが課されて、妊婦さんやママさんに対してはブラックなんですね
      +11 -9
    • 通報
      辛いけど、迷惑かけるのは当たり前、と開き直る気持ちも必要なのだとも思います。産休、育休の穴を埋めてきた立場の私ですが、そう思います。
      +235 -59
    • 通報
      子供が居たら邪魔者扱いなんてされて当然ってくらい伝わる。 子供が体調崩す度に嫌な顔されるんだから 慣れるしかないって私は思ってます。 私は慣れる事が出来なかったから日勤はせず 全て夜勤で子供の世話を昼… もっと見る
      子供が居たら邪魔者扱いなんてされて当然ってくらい伝わる。
      子供が体調崩す度に嫌な顔されるんだから
      慣れるしかないって私は思ってます。
      私は慣れる事が出来なかったから日勤はせず
      全て夜勤で子供の世話を昼は自分が、夜は夫が見てました。
      それなら、子供の体調に左右される事もないですしね☺️


      そして、お金がなくて不安に思うくらいなら残業や副業する。
      うちはそう言うスタイルが合ってます。

      私は、最初の子流産した時も当時の旦那に
      そば居て欲しいと言うより
      一人になりたいって気持ちが強いタイプだった。
      当時の旦那は仕事休みたいからそれを理由に遅刻したりしてました。

      今の旦那がラクなのはお互いバツイチだけど
      旦那はやれるだけの仕事をしてやれるだけの家事と育児をする。
      私もやれるだけの仕事をしてやれるだけの家事と育児をしてた。
      コロナで私は仕事をやめたけど
      旦那は今でもやれるだけの事は全てやってくれる。
      私もやれるだけの家事と育児をやってる。
      バランスが取れてると思う。
      仕事はやれるだけやって帰って来ればいい。
      帰ってきてやれることをやれるだけやればいい。
      家に居ても外に出ても
      出来ることを出来る範囲でやれば良いと思ってます。


      自分の生活や性格に合った子育ての仕方や働き方がきっとあるから
      それを見付けられるといいですね!
      +220 -77

  • あわせて読みたい

    マンガの新着記事

  • PICKUP