「大人気なかった!?」思わず声を荒げてしまった娘の行動とは…?【ママならぬ日々166話】

イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第166話。1歳半をすぎて歩き始めたり、言葉に興味を持つようになった娘さん。そんな娘さんに思わず激しめのツッコミをしてしまったことがあったとか。その内容とは……!?

どんどん新しい言葉を覚えていく娘。特にオノマトペや動物の名前をよく大きな声で連呼していました。そんな様子を微笑ましく見ていたのですが……。

 

続きを読む

そこひっくり返す!?

ママならぬ日々166

 

わざとかと思ってしまうほどハッキリと「バーカ」と言われたので、つい声を荒げてしまいました。大人げない……!

 

このあとも絵本を広げては、本に登場する動物や食べ物の名前をよく大声で言っていました。

ちょっと前までは絵本自体に興味を示さなかったのに、すごい進歩。子どもってこうやって言葉を覚えていくんだなあと、しみじみ思いました。

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP