「惚れてまう…!」生理2日目。絶不調の私に会社の先輩がしてくれた神対応とは

私と同じ職場で働く、4つ年上の先輩B子さん。姉後肌で面倒見が良い、やさしくて頼れる存在です。先日の生理中、朝から体調が悪そうにしていた私を見て、B子さんがしてくれた「神対応」についてお話しします。

「惚れてまう…!」生理2日目。絶不調の私に会社の先輩がしてくれた神対応とは

 

続きを読む

生理で朝から絶不調でぐったり…

3カ月ほど前のことです。私は朝から憂うつな気分に襲われていました。その日は前日から生理が始まり、仕事疲れともあいまって、全身にひどい倦怠感がありました。本来なら有給を取りたいほどつらかったのですが、あいにくその日は仕事が立て込んでおり休むことができず。


重たい体を引きずりながら、何とか午前中のタスクを完了。ぐったりと机に突っ伏した私に、頭上から「大丈夫?」とB子さんの声が聞こえました。

 

姉後肌なB子さんの神対応

面倒見の良い性格の、先輩B子さん。これまでも体調が悪いときや、仕事の失敗で落ち込んでいるとき、すぐに顔色や表情の異変に気づいて声をかけてくださっていました。


「B子さん、ありがとうございます。実は今日、生理2日目で体調が悪くて……」と答える私に、B子さんは「無理せずに休んでな、巻き取れる仕事は私がやっとくから」と、ひと言。またおなかを冷やさないように、昼休み中にホットのカフェオレを買ってきてくれたり、ひざ掛けを貸してくれたりと、終始神対応で接してくださいました。

 

帰宅中、B子さんからチャットが送られてきて…

その日の夜、帰宅中にB子さんから個人チャット宛に連絡が。「なんだろう?」と内容を開くと「生理中におすすめの食品」というタイトルと共に、レバーやほうれん草・ブロッコリーや鯖といった食品名がズラっと羅列されていました。


勤務外の時間までもいたわってくれるB子さんのやさしさに、生理のつらさも忘れ、ひとりキュンとしてしまった私でした。

 

 

どれだけ生理で心身がつらかったとしても、社会人になると自由に仕事を休んだり、周囲に理解をあおいだりすることが難しいなと感じる瞬間は少なくありません。だからこそ、B子さんのように1人でも気付いてくれる方がいると、すごく気持ちがラクになることを実感します。


私も体や心がつらそうにしている人を周囲で見かけたら、彼女のようにサッと手を差し伸べられるような女性になりたいものです。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/鮭いくら

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      大抵不調な人って食生活変わってる人多いよね
      めちゃくちゃ夜中に食べたりとか 自業自得だからやめた方がいいよ

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP