【わが子の誕生死を経験して】当たり前じゃない!妊娠という奇跡

2017/09/07 23:00
66
待つこと一年、ようやく授かった命でした。長女のときには気付かなかったけれど、赤ちゃんの心臓の動きがモニターに映し出されるとき、そこには光が見えます。「まさに命の輝きそのものだ」と思いました。その輝きは9週間後には消えていました。その後、もう一度誕生死を経験し、私は妊娠の奇跡を痛感しました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談

 

「誕生死」という言葉があるのをご存知ですか?流産、死産、新生児死などを指す言葉なのだそうです。私も長女出産後、二度の誕生死を経験しました。今回は、「子どもを授かり、産む」ということが当たり前ではないと思い知らされた経験をお伝えしようと思います。

 

2人目妊娠を決意するまで

わが家の長女は順調に授かり生まれてきてくれたので、妊娠できることは当たり前だと思っていました。添加物を避け、有機栽培されたものを選ぶなど、体にやさしい食生活を心がけていたことも自信を持つ大きな要因でした。

 

しかし、長女の育児でヘトヘトに疲れ切っていた私は、2人目のことなど考えられず、「一人っ子をじっくり育てよう」と心に決めていました。そんななか、突然夫の転勤が決まり、引っ越した先は3人きょうだいもざらにいるような家庭が多い地域でした。楽しそうにきょうだいで遊ぶ、ほかの家庭の姿を見て、長女はさびしそうな顔をすることが多くなりました。

 

まさか自分も!?2人目不妊

親戚に子どもがおらず、大人に囲まれて育ったせいか、おませな発言が多い長女のためにも、「子どもは子どもの世界でのびのびと遊ぶべきだ」という思いが強くなりました。そして、長女のためにきょうだいを産むことを決意したのです。

 

けれど、それまでの考え方に罰が当たったのではないかと思えてしまうほど、赤ちゃんはやってきてくれませんでした。待つこと一年、ようやく授かった命でした。


妊娠という「奇跡」

長女のときには気付かなかったけれど、赤ちゃんの心臓の動きがモニターに映し出されるとき、そこには光が見えます。「まさに命の輝きそのものだ」と思いました。

 

ところが、その輝きは9週間後には消えていました。ついこの前まであって、いきなり消えてしまった、生きたくても生きられなかった小さな命。 「いつ終わるか解らないけれどせっかくいただいた命なのだから、自分がまわりにできることを探して一生懸命生きていきなさい」。小さな命にそう教えられた気がしました。

 

 

その後、もう一度誕生死を経験し、私は妊娠の奇跡を痛感しました。命について学ぶ機会を与えてくれた2つの小さな命に、改めて「ありがとう」と伝えたいです。(TEXT:楠田りら)

 


  • 流産の辛さは、経験者にしか解らない苦しみですよね。私の流産のときに、経験者である叔母が涙を流して慰めてくれたことを思い出しました。
    流産を乗り越えて、子供が授かれて幸せだなと改めて感じました。
    私は13週で流産しました。直後は悲しみと申し訳なさでいっぱいだったけど、時間と共に感謝の気持ちが芽生えてきました。
    そろそろお骨をお墓に入れてあげなきゃいけないかなー…。

    2017/06/30 17:12
  • 私も二度誕生死産経験してます。

    2017/08/16 21:59
  • 私も流産の経験しました。

    2017/11/16 21:00
  • 赤ちゃんは、本当に奇跡です。

    2017/11/16 21:01
  • 赤ちゃんが無事に生まれてくることは、奇跡としかいいようがない。
    もし私に赤ちゃんが授かれたら、命懸けで育てようと思います。

    2017/11/18 10:40
  • 意外と経験者は多く、ただはなす機会がないだけかもしれません。
    最近はドラマもあって、少し話す機会が増えたのかな?

    私は経験は自分で自覚している流産はないですが、知り合いに10人ほど経験者がいます。最近も友人にあったので涙を流して尊い命を惜しみました。

    経験したことなくても、人の痛みを分かち合える人はいます。

    言わなくてもいいけど、言ってみたら何かに気付くかもしれません。

    2017/12/11 02:11
  • 経験をしてるからこそ今の幸せを何倍にも感じられると思っています。でも、経験をしてない人はやっぱり 当たり前 と思ってなくても言葉の端々に 当たり前 という気持ちが見えて悲しくなることもあります。自分がそう思ってるだけかもしれないですけど…

    2018/01/12 22:29
  • 私も経験者です。
    私の場合は約4年半の妊活生活で5回妊娠して5回流産しました。
    その後、1年は出来ず…ある日、主人が子供用の小さな靴を仕事帰りに「願掛け」にと買ってきてくれ私は仲の良い友人と京都に行き、藁にもすがる想いで京都で1番と言われている神社で子宝祈願をしました。
    その1ヶ月後…気がつけば…あれっ?(*゜ロ゜)?
    そー言えば今月はまだリセットしていない。と気がつき主人に話しあまり早くても反応が出ないので10日ほど待ちそれでもリセットしなかったなのでドキドキしながら最後のチャンスとおもいながら検査薬をしました。…
    結果は…なんと陽性(*ノ▽ノ)
    でも、5回流産しているので私と主人は3ヶ月の壁を越えるまで不安と祈るおもいで毎日を過ごしました。
    私は39歳、主人は45歳…上の娘は13歳…。
    3人で新しい生命を待ちました。
    その結果、高齢ながらも無事に産まれてきてくれて
    今、生後6ヶ月…毎日、感謝しながら産まれてきてくれた娘と久しぶりの育児に奮闘しています。
    この奇跡にホントにホントに心から感謝です。
    神様、そして私の所にくる事を選んでくれた娘に感謝。ありがとうございます。です。

    2018/02/03 02:05
  • わたしも流産の経験があります。
    仕事をしているので、手術から1週間は休んだため、職場の上司やごく親しい友人には伝えました。その後、その友人たちからも実はね…と言われることもあり、経験している人も意外に多いんだなと思います。
    きっと、いまは、タイミングが合わなかっただけ…もうすこししたら、またお母さんのお腹に戻ってきてくれる、と思っています!

    2018/04/03 09:58
  • 私も流産経験あります。

    流産の宣告、手術って産婦人科でするんでお腹を優しく撫でる人達が全員敵に見えました。。。
    みんなが楽しそうにしてる場所で私は一人で泣いてました。。
    不妊、流産って経験せんと分からん辛さ、悲しさがあります。
    でも今は4ヶ月の我が子が居ます。
    両親もおらず義理両親もおらず、産後辛い時期はありましたが、
    目の前の奇跡に感謝して、頑張っていきます。

    2018/04/06 14:40
  • 2018/04/28 13:14
  • そんなに痛いのー
    私は難産してみたいなー

    2018/04/28 13:15
  • 私今、子宮15センチまだ生まれないー

    2018/04/28 13:17

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
66

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。