「あとは着床すれば…」やっときたチャンス、逃すまい!/生理不順でも妊娠15

【生理不順でしたが妊娠しました 第15話】現在は2人の娘さんのママであるようみんさんは、高校生のころから生理不順。夫・ユキさんと結婚し、不妊治療を経て2013年に長女ぷっちょちゃんを、2017年に次女かっぴぃちゃんを出産しました。2人目である次女を妊娠するまでのお話をつづります。

高校生のころから生理不順だった私は不妊治療を経て長女と次女を出産しました。「生理不順と私」の続きとなる、夫と結婚し長女を出産してから、次女を妊娠するまでの夫婦の関係や、治療の記録をつづります。

 

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、ベビーカレンダー編集部を通して、婦人科医の監修を受けた記事です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

生理不順でしたが妊娠しました15

 

生理不順でしたが妊娠しました15

決行日を伝えてから夫婦でうまくタイミングがとれ、高温期に入ったようみんさん。「あとは着床さえすれば!」このチャンスを逃すまいと闘志を燃やす……! 次回は少し時間を前に戻して、「高校生のころから生理不順である」ことを夫のユキさんに伝えたときの反応をご紹介します。

 

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターようみん

    姉妹と夫と4人暮らし。 アメブロ公式トップブロガー/イラストレーター 我が家のバタバタな日々やフォロワーさんの体験談漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP