「もう必要ない!?」否、本当に必要なのはアラフィフからのVIO脱毛【体験談】

「脇の脱毛が1,000円とはっ!」。永久脱毛も、ずいぶんと安くなったものです。30年ほど前、永久脱毛はとても高価でした。毛深いのが悩みで一番のコンプレックスだったため、軽く50万円はかけて脇の脱毛をしました。当時はニードル式といって、針を毛穴に入れ毛根を1本1本焼き切る方法で、時間がかかる上にとにかく痛い! 陣痛の痛みとどっこいどっこいなくらいでした。あまりの痛さにすべて脱毛できぬまま、さらにはチケットも残したまま、志半ばで通わなくなってしまったものです。

「もう必要ない!?」否、本当に必要なのはアラフィフからのVIO脱毛【体験談】

 

脇だけでは甘い!手軽に安くレーザー脱毛

「もう必要ない!?」否、本当に必要なのはアラフィフからのVIO脱毛【体験談】

 

あれから30年。今は脇の脱毛がなんと1,000円! レーザー式のおかけでピカッピカッと数回光を当てるだけで完了です。今や手軽さと安さもあって、若い子に限らず脇の脱毛をしているアラフィフ世代も増えているそうです。

 

そこで10年ほど前から再スタートした永久脱毛。最初は定番の脇。次は、ストッキングの中でうねうねと透けていたすね毛。脱毛し始めるとお手入れがラクになると同時に体毛が親の仇のように思えてきて、腕、顔、胸、背中、指の毛まで見えるところは徹底的に退治です。それでも、当時で20~25万円くらいでおさまりました。

 

アラフィフにVIO脱毛は必要ない?

残るはVIO脱毛。そう、あそこの毛です。ビキニになる機会はもう永遠にないし、何より施術のときにパンツを脱ぐのには抵抗があり……。アラフィフ仲間も、脇や腕はするものの「VIOはちょっと恥ずかしいわよねぇ~。どうせ夫にすらパンツ脱ぐこともないし(笑)」と。

 

とはいっても、すでに私のなかで体毛は親の仇! お風呂であそこの毛を見るたびにモヤモヤした気分。それでも、恥ずかし過ぎてVIOに踏み切れません。

 

いずれ訪れる介護に備えVIOはエチケット

モヤモヤ気分を引きずったまま、数年がたったある日。保護者会後のランチでアラフォーママたちと脱毛談義に。アラフォー世代は、VIOをおこなっているんですよねぇ。 話によると、
「毛がなくなると蒸れないから快適」
「生理時の不快感もなくなった」
と、良いことずくめ。たしかにあそこの毛がないと清潔かもしれません。でも、すでに現役を退いた!?アラフィフには、あえて辱めを受けてまで脱毛する必要ないかなと思っていたところ、看護師をしているママが
「介護する側からすると、あそこの毛がないのはと~っても助かるの。いずれ介護されることになる母にもすすめてVIOに通わせてるわ」と。

 

介護か……。盲点でした。あそこの毛があるのと、ないのでは、ケアの手間はかなり違うはず。ましてや毛深くてボ~ボ~だったら、実に申し訳ない。そこで、意を決してVIO脱毛に踏み切ることにしました。

 

恥ずかし過ぎる大股開きのVIO脱毛

すでにVIO経験者はご存知でしょうが、パンツを下ろされ、正直恥ずかしいです。Vラインならまだ我慢できますが、Iラインともなると脚を広げられ、Oラインともなるとうつ伏せになっておしりを開かれ、あられもない姿に……。穴があったら入りたい気分。ベッドの上でやめればよかったと後悔です。それでもなんとか通い続け、Vラインをほどほどに残してスッキリ、ツルツルです。

 

介護への準備120%完了です!

整形を一度すると、次から次へとお直ししたくなると聞きますが、ほどほどに残したVラインが今度は気になってきました。介護への準備は万端なので、もう脱毛は終わりでいいのですが、やっぱり残っているとモヤモヤするんです。

 

サロンのお姉さんにリサーチしてみると、VIOをすべて脱毛している人も多く、欧米人はあそこの毛をなくすのが男性へのエチケットだとかいう話も耳にして(欧米人の彼氏がいるわけではないのですが)、思い切って全取りです。


 
あ~、あそこの毛がないと、なんてラクなんでしょう。介護への準備は、とうとう120%完了です。ただ、問題は温泉に行くと二度見されてしまうこと。たしかに、アラフィフのおばさんのあそこがツルツルだと変ですよね。私だって二度見しちゃいます(笑)。

 

まとめ

世の中、脱毛への意識が高くなっているなか、きっといずれ欧米化の波に乗り、ツルツルさんが増えていくのではないかしら。サロンで脚を広げるのも、温泉で二度見されるのも恥ずかしいけれど、清潔を保てるし、余計なストレスもなくやってよかったVIO! ただ、白髪になるとレーザーが反応せず、白髪だけが残ってしまうそうなので、興味のある方はあそこに白髪が侵略してくる前に決断すると良いそうです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:井上 裕紀子

読モを経て、ファッション誌、情報誌などのフリーライターへ。しわ、肝斑、たるみ、更年期太りと苦しい戦いを続けつつも、その先にいったい何があるのか見えない迷える五十路女子。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶