眠れない、目が覚める、疲れが取れない…。不眠の原因は更年期?どうすればいいの?【医師監修】

布団に入ってもなかなか寝付けない、寝ても途中で目が覚める、起きても疲れが取れていないといった睡眠不足の悩み。さまざまな原因がありますが、40代以降の女性ならではの原因もあるそうです。どんなことが原因になるのか、産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

眠れない、目が覚める、疲れが取れない…。不眠の原因は更年期?どうすればいいの?【医師監修】

 

のぼせやほてりで寝付けない

眠れない、目が覚める、疲れが取れない…。不眠の原因は更年期?どうすればいいの?【医師監修】

 

40代以降の女性によく見られる原因とはなんでしょうか。

 

「更年期症状の一つである、のぼせやほてりです。40代以降になると子宮の機能が衰えて、血流が少なくなりがちになります。その分上半身への血流が多くなり、特に重要な器官である脳に血液が集中します。頭に血が上って、つねに頭がカッカと熱い状態になるのですね。寝るときもその状態が続くと、なかなか眠れなくなってしまうのです」(駒形先生)。

 

対処法としては、下半身にも血流が行くようにケアすることだと言います。

 

「下半身にも血流が行くように、脚をマッサージしたり、ストレッチしたりすることは効果的です。また、血流を全身に行き渡らせるために、シャワーでなく湯舟にゆっくりつかることも大切です」(駒形先生)。

 

イライラや不安も不眠の原因に

眠れない、目が覚める、疲れが取れない…。不眠の原因は更年期?どうすればいいの?【医師監修】

 

のぼせやほてり以外にも原因があるそうです。

 

「イライラや不安といった精神症状も不眠の原因になります。若くてもイライラしていれば眠れませんが、更年期に入ると調整能力が落ちて長引くことが多くなります。

 

イライラしていると自律神経の交感神経が優位になってしまいます。眠るためには副交感神経を優位にしなければいけません」(駒形先生)。

 

そのため、イライラしているときは布団に入る前に気持ちを鎮めることが大切だそうです。

 

「お風呂にゆっくりつかってリラックスしたり、好きな音楽を聴きながらストレッチしたり。深呼吸をするのも効果的です」(駒形先生)。

 

“ 熟睡 ”を知るためにサプリや薬を活用しても

眠れない、目が覚める、疲れが取れない…。不眠の原因は更年期?どうすればいいの?【医師監修】

 

睡眠不足が続くと、どんな眠りが良い眠りなのか、わからなくなります。そんなときは、薬やサプリを活用するのも方法と駒形先生は言います。

 

「睡眠薬は医療用医薬品ですが、一時的な不眠症状を改善する睡眠改善薬なら薬剤師のいるドラッグストアで購入することができます。あくまで一時的に、熟睡状態を知るために薬を活用するのも良いと思います。睡眠を改善するサプリメントも多く出ていますが、一時的に活用するなら良いでしょう」(駒形先生)。

 

良い睡眠を知ることで、今までの睡眠環境における改善点が見えてくると言います。

 

まとめ

これから寒くなると、足が冷えて眠れないという経験がある人もいるのではないでしょうか。ストレッチやマッサージなど、足の血流を促すケアはのぼせやほてり以外にも効果がありそうです。快眠のためにできることから改善してみてはいかがでしょう。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶