「危ない?」「変な人だけ?」私が運命の出会いを果たした決め手とコツは

私たち夫婦は2020年の11月に結婚。丸3年のお付き合いと、半年の同棲生活を経て結婚した私たちの出会いは「マッチングアプリ」でした。最初は「アプリで出会った人と長くお付き合いできるわけがない」と思っていましたが、私たちにとっては運命の出会いでした。

「危ない」「変な人しかいない」でも運命の出会いがあった!決め手とコツは…

 

続きを読む

やりとりしていて少しでも違和感を覚えた人とは会わない

マッチングアプリに登録すると、すぐ1日20人ぐらいから「いいね」をもらいます。自分も興味をもった人とマッチングをしてやりとりがスタート。よくあるトラブル例の「下ネタなどを送ってくる人」はあまりいませんでしたが、「すぐにLINEを知りたがる人」やメッセージのスピードや内容がかみ合わない人はいました。

 

顔が見えないからこそ、ささいな「ズレ」には敏感に反応し、私は会うのを避けました。

 

実際には10人ほどの男性と会いましたが、どの人ともメッセージを複数回やり取りしていたため、デートはスムーズ。しかし、特にこれといった決め手がなく、アプリにも飽きてそろそろ辞めようとしていたとき、運命の出会いがありました。

 

まじめそうな写真に惹かれてマッチング

彼のプロフィール写真を見た第一印象は「すごく真面目そうな人」。丸刈りで、カメラに向かって笑う写真を見て、直感で「いい人だな」とわかりました。

 

「この人と会ってみて、ピンとこなかったら、マッチングアプリは辞めよう」。そう決めて、やり取りがスタートしました。毎日仕事終わりに、よくある仕事の愚痴など、ありふれた内容をやり取り。会ったこともない私の愚痴を温かく受け止めてくれる彼のやさしさは、写真通りでした。

 

初デートは昼間の美術館、3回デートをして交際スタート

彼のことは、メッセージのやり取りを通して信頼できる人だと思っていましたが、ネットでの出会いということで一定の警戒はしていました。私は、マッチングアプリの人と会うときには「人の多いところで、昼間に会う」と決めていたので、彼とのデートも昼間の美術館にしました。美術館のあとカフェへ行き、明るいうちに帰宅。その日から、今までマッチングアプリ上だった連絡をLINEへ。LINEでも、毎日欠かさずやり取りをする習慣は続きました。

 

私は、連絡がマメな人が好きだったので、こまめに返信してくれる彼はとても心地のよい存在でした。彼は決して恋愛経験が豊富な人間ではなかったようですが、一生懸命リードしようと、その後も2回ほどデートに誘ってくれ、3回目のデートで「良かったら付き合ってくれませんか」と告白を受けました。

 

次第にお互いの家を行き来する機会が増えるようになり、私が手料理をふるまうことが増えました。彼は、私が料理を作ると必ず「おいしかったよ。洗い物は任せて」と洗い物をすすんでやってくれました。些細なことですが、いつも相手のことを気づかって、自然に行動できるところは、アプリで出会ったころと変わりません。そんな自然体のやさしさが決め手となり、私は彼と結婚しました。

 

 

まさか、本当にアプリで出会った人と付き合い、結婚するとは思っていませんでしたが、彼は出会ったころと変わらずやさしく、私のことを誰よりも考えてくれる夫になりました。

 

私も「アプリであった人なんて危ない」「変な相手しか見つからない」と思っていたときがありました。けれど、自分に合った相手かどうかが重要なのであって、出会いかたが大切なわけではない、と結婚して一年経った今、改めて思います。


マッチングアプリは出会うことができなかった人と出会えるツールであり、自分たちの可能性を広げるツールだと私は考えています。ツールの善し悪しではなく、ツールの使い方を考えていくことが大切であると夫との出会いを通して学びました。
 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/mgmg

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP