「クズ男ばっかり!」失敗続きの婚活。しかし思わぬ場所で運命の人が!

30代に入った私が婚活で出会ったのは、クズ系男子! しかも立て続けのマッチングでした。これをきっかけに婚活を中断して、改めて自分の価値観、大切なことを見つめ直すことに。するとこれまでの行動が変わってきて……。

「クズ男ばっかり…」婚活に励むも失敗続き。しかし思わぬ場所で運命の出会い!?

 

続きを読む

良縁に恵まれず婚活を中断して自分を見つめ直す

20代は仕事に、30代になってからはアプリを使った婚活に猛進していた私。


だけど、このころアプリで出会った男性が、お酒に溺れて本能のままに行動する人だったり、付き合っていたはずが一緒に宿泊した翌日から音信不通になってしまったりと、誠意のない振る舞いをする人が立て続いて……。


そんな苦い経験をきっかけに「しばらく婚活を中断しよう」と、登録していた婚活アプリから退会。改めて自分自身を振り返りました。「私は周りの人を大切にできているのか」と。私のことが大切だと思ってもらうためには、まず自分が周りの人を大切にしなければいけないと思ったのです。


そして、新しい出会いを求めるよりも、家族、同僚、趣味のダンス仲間など、老若男女問わず、周りの人と過ごす時間を大事にしようと決意! それからは、新たに出会った男性と食事の約束をすることがパッタリなくなり、男性とごはんをともにするのはほとんど同僚という限定されたものになっていました。


すると、思ってもみなかったところで出会いが待っていたのです!

 

体に変調がきて整骨院に通うことに

20代の後半をひたすら仕事に突き進んでいた私は、30代に入ってその代償が体に現れ、足に痺れが出るようになります。整形外科を受診すると、椎間板ヘルニアの兆候が見られるとの診断。なんとか早く症状を取り除きたいと思っていたところ、偶然ポストに入っていた整骨院の体験チラシが目に留まり、試しに行ってみることにしたのです。32歳のときでした。

 

半年ほど通い続けたころ、ずっと担当してもらっていた先生が退職され、私の担当は副院長に引き継がれることに。「波長が合わなければフェイドアウトすればいいか」と思いながら次回の予約を取って、当日、整骨院に行ってみると……。


迎えてくれたのは、いつも整骨院に行ったときに笑顔で挨拶してくれていた人! 当時28歳の男性でした。「この人が副院長だったのか! 気さくで話しやすいし、彼だったらこれからも通院できそう!」と好意的な印象を抱いた私。治療も、彼に代わってから数カ月で足の痺れが完全になくなったことで、彼に対する尊敬と信頼感は倍増! 趣味で習っていたヒップホップダンスの先生にも、この整骨院を紹介したほどです。

 

ちなみに、このころは毎週ダンスレッスンの終了後に、先生と生徒数名でお酒を飲みながらごはんを食べて帰宅するのが恒例でした。私以外はみんな40代女性の生徒さんでしたが、これがいつも楽しくて! お酒好きなダンスの先生が、治療中にそんな話を副院長にしていたようで、なんと後日、彼がその食事会に参加することになったのです!

 

お酒が強く、人懐こい彼は、すぐお姉さま方の人気者になり、それからはほぼ毎週、彼を交えて食事をするように。私とも友人関係が深まっていったのです。

 

結婚を前提にした交際に発展

それからしばらくした年の暮れ、副院長と2人で初めて遊ぶ機会ができ、ずっと行きたかったイルミネーションイベントに誘ってみると、ノリよくOKの返事! 彼に好印象は持っていたものの、4歳年下、さらに先生と患者ということもあって、恋愛に発展することはないと思っていました。

 

しかし、だからこそ自然体の私で初デートに臨めたような気がします。当日は、夕方から水族館に行き、イルミネーションイベントを観てラーメンを楽しみ、さらに自宅近くの居酒屋で遅くまでおしゃべり。「こんなに気が合うなんて!」という感想をお互いが持つ1日を過ごしました。

 

その後も2人で食事をすることが数回続き、初デートから2週間後、正式にお付き合いがスタートすることに! 友人関係だったころに、私が婚活をしていて兄に「東京五輪までには結婚する!」と宣言していることや、彼が「次に付き合う人とは結婚を考えて付き合いたい」と思っていることをお互い知っていたので、双方一致で結婚前提の交際となりました。


その後、ちょうど彼が仕事の関係で引っ越すことになり、付き合って半年で両家の親に挨拶をして同棲開始。小競り合いや喧嘩もありながら数カ月を過ごしたのち、彼がサプライズ仕込みでプロポーズ! 付き合ってちょうど1年後に入籍しました。

 

 

どこに出会いがあるかなんて、本当にわかりません! 私の場合、婚活アプリでの出会いがまったくうまくいかない時期に突入し、自分の価値観、大切にしたいことを見つめ直したことがきっかけでした。自分の考えがまとまってスッキリすると行動も変わり、それが彼と急接近する契機になったと思います。

 

彼と一緒にいる時間は本当に居心地がよく、背伸びをしたり自分を飾ったりしなくても、ありのままの自分を彼が丸ごと受け入れてくれると実感できたことが、「彼と結婚したい!」と思った一番の決め手。2人で長い時間を共有できると思いました。それに、お酒は好きだけど「勢いに任せた軽々しい行動は絶対しない!」「浮気なんて絶対ない人だ!」と、付き合う前から確信が持てたことも大きかったです。


結婚してすぐコロナ禍に突入しましたが、その分、夫婦で過ごす時間がたくさんできました。近所を2人でお散歩したり、家でフィットネスゲームをして遊んだり。一緒に楽しみを見つけられる彼が横にいてくれて本当によかった! 子どもが生まれた今は3人の生活を楽しんでいます!

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/石原ナナコさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP