「もう一生結婚できないのかも」彼に振られて絶望のまま海外へ行ったら

私は28歳のとき、海外での転職活動を理由に、当時の彼から「待てるかわからないから別れたい」と言われお別れしました。当時は「彼を逃したら一生結婚できないのではないか」という絶望感しかありませんでしたが……。

「一生結婚できないかも」28歳。彼に振られ絶望のまま海外へ。そこで…!

 

続きを読む

短期留学とその後の自分の気持ち

私は新卒から勤めていた会社を5年で辞めて、南国のフィジーに5カ月間語学留学に行きました。仕事にひと通り満足していた私にとって、かねてからの夢だった留学を実現する絶好のタイミング。当時付き合っていた彼も5カ月なら、ということで日本で待っていてくれました。

 

彼か自分の夢を追うか迷い…

日本に帰ってきて、さぁ就職活動となったとき、日本で働くことに迷いが生じ始めました。そもそも留学に行った目的は、英語を使った仕事をしたいという憧れと目標があったから。ただ、たった数カ月留学に行っただけでは経験を活かせる場は少なく、次第に海外に身を投じて語学をブラッシュアップする必要があるのではないかと思い始めたのです。

 

日本で仕事を探すか、海外に行くか。迷っている私の姿を見た彼から「俺は待つことはできないけれど、そんなに海外に行きたいのだったら行ったほうがいい」と言われてしまいました。私が長期的に海外へ行く迷いを見せると、彼からお別れを告げられてしまったのです。

 

海外でまさかの出会いが!?

しばらくは、家でふさぎこむほど別れたことに絶望感しかなく、泣いて過ごしていました。理由は結婚にとても焦っていたからだと思います。それでも、海外へ行く夢を諦めきれず、今やらなければ後悔すると思い就職活動に奮起しました。旅行で行ったこともあり、日系企業が多く進出していたベトナムに目を付け、数社選考を受けてなんとか内定をもらうことができました。そして私はベトナムに渡り、新生活をスタートさせたのです。

 

ベトナム来て1年以上経ったころ、後の夫となる彼と出会いました。きっかけは、友だちからの「知り合いの社長が独身のイケメンをつれてきてくれるって」という誘い文句に釣られて参加した食事会です。そこで10歳年上の日本人である彼と連絡先を交換し、何度か食事に行き、自然と付き合う流れになりました。そして付き合って半年経つころ、一緒に行った旅行先でプロポーズをされ、結婚する流れとなりました。

 

出会ったとき、私より10歳年上だったこともあり、彼に結婚歴があるのではと疑っており、「結婚経験はないんですか?」と冗談交じりに夫の結婚歴を確認していました。その確認作業が功をそうしたのか、彼も早々に結婚の意識をしてくれていたようです。

 

 

あのとき、海外へ行きたい気持ちを抑えていたら、こうして海外でやりたい仕事もできていなかったうえに、運命の人と出会うこともなかったのかな……と考えてしまいます。

 

夫は海外生活が長いので、私がこちらでの仕事に苦しんでいるときは支えてくれ、出会った当初からとても頼りになる存在です。夫婦喧嘩も日常茶飯事ですが、笑いのツボが合ったり、海外での大変な場面も一緒に乗り越えてきたりしたことを考えると、夫と出会えて良かったなと思っています。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/町田久美子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP