暮らし お金 家計管理 体験談

「老後の資金が不安…」本気でお金の見直しをして年間40万円節約できた!

0
独身時代は自由にお金を使えたけれど、結婚して子どもを育てるとなったらそうはいかない。夫と将来のお金の話をしたことで不安に襲われるようになったという女性の話。お金の見直しに役立つ本もご紹介します。

「老後の資金が不安…」本気でお金の見直しをして年間40万円節約できた!

 

独身のころは会社で財形貯蓄をして残りは好きなだけお金を使って過ごしていました。好きな洋服を買い、年に1~2回は国内、海外旅行を満喫。お金について学ぶこともなく、貯金さえしていればいいと思っていました。

 

しかし、結婚後、出産、子育てと怒涛の日々を過ごし、子育てが落ち着いてきたころ、将来のお金のことを夫と話しました。この先、必要となるお金の多さにやっと気付き、本気でお金について学び、見直しをした私の体験談です。

 

続きを読む

教育資金こんなにかかるなんてナメていた

「老後の資金が不安…」本気でお金の見直しをして年間40万円節約できた!

 

夫と将来のお金のことについて話したとき、夫が卒業した国立大学で学費などがいくらかかったかを聞き、その金額に驚いて開いた口がふさがりませんでした。なんと学費が約250万円、ひとり暮らしの家賃が約220万円もかかったそうなのです。

 

1人の子どもの大学進学までに準備する教育資金は、教育関連のサイトによると一般的に300万~500万円。わが家は子ども2人なので600万~1,000万円必要になるようです。そしてニュースにもなっている老後2,000万円問題……。今の生活では貯まる気がしません。銀行で定期的に貯蓄はしていますが、超低金利時代でいくらも利子が付かず、増えない状況です。このままだと子どもたちを大学へ進学させる資金や老後の資金を用意できるのかと不安になりました。

 

これではまずいと思った私は、ヒントを求めてネットで調べ、ある人にたどり着きました。YouTubeなどでも活躍中の両@リベ大学長さんです。高校在学中に企業され、今は「日本一自由な会社」の社長をされているとのこと。早速YouTubeを視聴したら、お金のことなどわかりやすく説明されていました。私は学長の動画でお金の勉強を始めました。

 

お金の勉強をしてこなかったことを大反省

「老後の資金が不安…」本気でお金の見直しをして年間40万円節約できた!

 

動画視聴はとても勉強になりましたが、勉強することから離れていた私は1度見たくらいでは頭に入らず、理解ができないこともしばしば。老いのせいなのでしょうか、早いテンポの説明についていけていないのです。とても勉強になる動画なのに、困ったことになりました。しかしとても良いタイミングで、学長さんが朝日新聞出版から『本当の自由を手に入れる お金の大学』を出版。私はすぐさまその本を購入し、改めて勉強し始めました。

 

経済的自由(生活費より資産所得が多い状態)を目指すには、生活費を減らす、資産所得を増やすこと。そうなるために貯める、稼ぐ、増やす、守る、使う、この5つの力をつけていくことが大切になるそうです。そのほかにも、株の投資やiDeCo(確定拠出年金)、生活費の見直しなどに関する書籍も読み、学び続けました。

 

私はいろいろな本を読んで、自分がお金を貯める仕組みなどをまったく理解せず過ごしてきたこと、勉強してこなかったことを反省しました。保険をなんとなく払い続け、高いと思いながらもスマホ代を比較検討してきませんでした。ですが、私はすぐにわが家のお金の流れを夫も巻き込みながら見直していくことにしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。