40代で下半身太り!はけなかったスキニーがはけた私の対策【体験談】

多少増減する時期はあるものの、基本的な体重は55kg。身長は160cmなので、ごく標準的な体重だと思います。20代前半も現在も体重は同じ。しかし、40歳を過ぎてから下半身太りが気になってきたのです。運動以外の方法で「下半身太り解消」を目指す私の体験談をご紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

チャックが上がらないイメージ

 

続きを読む

これが話に聞いていた下半身太り?

ウエスト測っているイメージ

 

「下半身太り」を自覚したのは43歳のときです。2年ほど前から、おなか周りだけがきつく感じられるようになったのです。ズボンのチャックが上がらないものも出てきました。もともと、おなかはぽっこりしていて、痩せてはいません。しかし明らかに下半身、それもおなかだけが極端に太ってきたのです。おしり・太もも・脚は変わりません。まるでハンプティダンプティのような体型です。食事量も変わらず間食もしないのに、体型だけが変化してしまいました。

 

激痩せも激太りも経験しましたが、基本的な体重は20代前半から変わりません。ずっと55kg前後です。そのため服も同じサイズを買い続けていました。20代前半のころ会社の先輩に「そのうち下半身が変わってくるよ」と言われたのですが、43歳になり、その意味をようやく理解したのです。「これが下半身太りか!」と大きな衝撃を受けました。

 

スキニーをはいても太ももや脚は変わらないので「痩せている」と言われることもあります。しかし、実際にはおなかがタプタプになっているのです。かなりバランスが悪い体型になってしまいました。服を着ていればわかりづらいとしても、やはり自分自身にとっては非常に気になるものです。そこで下半身太り解消を目指そうと考えました。

 

下半身太り解消のためにジムに通うも断念

ジムのイメージ

 

下半身を引き締めようと知人が勤めているジムに週3で通い始めました。早めに効果を実感したいと考えて、なるべく間を置かずに通うようにしました。きちんと指導を受けたほうが良いのではないかと考えたので、あえて知人が働いているジムを選んだのです。

 

1回の運動は1時間程度。知人のアドバイスを受けて筋トレ中心の運動をした上で食事量を抑えると、体重は落ちました。ただし問題である「おなか」だけが変わらないのです。痩せていくのは脚や胸ばかりで、おなかはぽっこりとしたまま。思うような効果は得られなかったことからモチベーションが保てず、1年たたないうちに断念しました。

 

そこでようやく、しっかりと「下半身太り」の解消方法を知ろうと考えて、ネットで調べてみることにしたのです。いくつかのサイトを確認したところ、やはり筋トレは有効な方法とのこと。私は結果を出せませんでしたが、方法としては合っていたようです。もっと長期間続ければよかったのかもしれません。

 

そのほかにも「むくみ」「姿勢の悪さ」などが原因として記載されていました。普段むくみは気になりませんが、姿勢の悪さは自覚しています。姿勢が悪いという自覚はあっても、ついラクな姿勢で座ってしまうのです。少し猫背であるのも影響しているように考えられます。そこで正しい姿勢を意識するようになりました。

 

正しい姿勢って難しい!

正しい姿勢でパソコンしているイメージ

 

ちょうど下半身太りが気になり出したころから、私は在宅で仕事をしています。昼間、周囲には誰もいないため、服装や姿勢を気にする必要がありません。これでは体型が緩んでしまうのも無理はないでしょう。出かける頻度も減ったため、多少体型が変化していても気付きにくいと感じます。

 

「椅子に座っても足を組まない」「正座をしても猫背にならない」、姿勢を変えるにあたり、まずはこの2つを意識するようにしました。ネットで見た記事の中で「悪い姿勢」として書かれていたもので、自分にも当てはまるものだったからです。ところが、このたった2つが想像以上に難しいものでした。気が付くと足を組んでいたり、猫背になっていたり。正しい姿勢を維持するのが、こんなにも難しいことだとは思いませんでした。特に集中しているときは難しいと感じます。

 

現在は猫背にならないようにするだけでなく、顎を軽く引き頭頂部から腰までを真っ直ぐにするよう意識し始めました。参考にしたサイトにあった「正しい姿勢」です。短時間なら良いものの、やはり長時間維持するのは簡単ではありません。

 

姿勢が悪いと肩も凝りやすいとのこと。実際に私はひどい肩凝りも抱えています。下半身太り解消だけでなく、肩凝り緩和のためにも正しい姿勢を意識したいところです。

 

まとめ

下半身太りを明確に意識してから2年ほどが経過しました。姿勢を気にするようになってからは、約半年がたっています。現在も気を抜くと姿勢が悪くなっているため、自分の姿が視界に入るような位置に姿見を置いてみました。

 

体重は変わりません。しかし、入らなくなっていたスキニーが再び入るように。外見に少し変化が見られるように感じます。腹囲の計測まではしていませんが、多少効果が出てきたのかもしれません。まだまだ満足できる域には達していませんが、少しずつでも効果が出ているのなら、続けてみる価値はあると考えられます。年齢により多少体型が変化するのは仕方ないのかもしれません。それでも諦めずに下半身太り解消を目指したいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:レン

音楽と犬を愛するライター。ビーグルの女の子と一緒に、のどかな田舎暮らしを満喫中。今年から肩凝りの悪化と寝汗に悩まされている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP