「下のほうに妙な違和感…」友人宅で目を覚ますと、そこには…!

アメリカ留学中、暇を持て余していた私を見かね、サンクスギビングデーに実家へ誘ってくれた友人。お言葉に甘えてお泊まりまでさせてもらうことになりました。でも、すっかり生理周期を忘れていた私。やさしいご家族にせっかく歓迎してもらったのに、明け方目が覚めると……!?

「下のほうに妙な違和感…」友人宅で目を覚ますと、そこには…!

 

続きを読む

友人宅にお呼ばれすることに

大学3年生のとき、1年間アメリカに留学した私。授業についていくのに必死で忙しい毎日でしたが、意外と休みが多いアメリカの大学では、休み中に暇を持て余すこともありました。

 

特に、実家に帰って家族と過ごす学生が多いクリスマスやサンクスギビングデー。その時期は閉まってしまうお店も多いため、することがなくて呆然とすることも……。そんな私を見かねた友人が、サンクスギビングデーのお休みに、友人の実家に私を招待してくれることになりました。

 

友人の家で1泊! そして事件が…

当日の朝、友人が運転する車で出発。私の寮がある学校から友人宅までは距離があるため、なんと宿泊までさせてもらえることになりました。

 

初めて会う私のためにわざわざ1部屋用意してくれ、ご家族はとても気さくに迎えてくれました。おいしい食事を楽しみ、妙に眠くなってしまった私は、いつもより早い時間に就寝することにしました。


拙い英語で必死に会話したこともあり、「気疲れしたのかな」と思いあっという間に眠りについた私。明け方ころ、お尻あたりに妙な違和感を覚えてハッと目を覚ますと、シーツに赤いシミができていました。

 

生理のシミに謝罪…忘れられない滞在に

生理の時期が近いということすら、頭から抜けていた私。初めて宿泊させてもらった友人宅でシーツを汚してしまい、真っ青になりました。

 

とりあえずまだ朝も早かったので、大慌てで手持ちのタオルを濡らして拭いたり洗面所で洗ってみたりしましたが、経血のシミはそんなことで落ちるはずもなく……。

 

できれば汚れを落としてから謝りたかったのですが、そうすることは叶わず、起きてきた友人とお母さんに平謝りしました。友人とお母さんは笑って許してくれ、むしろ私の体を気づかって温かいお茶を入れてくれたり、生理用品を買ってきてくれたり。恥ずかしいやら申し訳ないやらで、一生忘れられない滞在となりました。

 

 

あれから10年以上経った今でも、思い出すと恥ずかしさが蘇ってくるこの出来事。それからはきちんと生理時期を把握するように気を付けるほか、生理用品はなるべく持ち歩くようにしました。友人とは未だに連絡を取り合う仲ですが、余りの恥ずかしさに「もうあのときのことは忘れてほしい」とひそかに思っています。

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/大瀬木あさみ
監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP