「え、痩せた?」小太りだったうり二つの双子の妹が痩せた方法を私もまねしてみたら…

アラフィフ女子が久しぶりに双子の妹に会って仰天! 小太り体型までうり二つだったはずの妹は、すっかりスレンダーになっていました。妹の変身が刺激となり、自分もヨガで心身ともにスッキリしたという体験談です。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

双子の妹が痩せているイメージ

 

40代半ば。気付けば、おなかの出っ張りもすごいことに……。中年太りかぁと自分の体型を客観的に見つめてしまうほど美意識もなくなり、のほほんと過ごしていたある日、私とうり二つの双子の妹に会いました。すると、私とそっくりな小太り体型だったはずの妹は見違えるようにスレンダーに。妹に理由を聞いたところ、ヨガを毎日20分続けただけ!とのこと。そこで、毎日20分のヨガならできるかも!と、1カ月試しにおこなってみました。

 

続きを読む

ヨガダイエットを始める前に心がけたこと

やる気があるイメージ

 

妹がおこなっていたのは、有料のオンラインヨガ。私はヨガ初心者で長く続けることに不安があったため、手軽に無料で自宅でできるヨガはないか探してみました。これまでいくつかのダイエットを試みたことがありましたが、どれも途中で挫折。失敗の理由は意思の弱さ、食事制限がつらい、運動がきつ過ぎたことにありました。そこで反省を踏まえ、今回のヨガダイエットでは楽しく、無理をせずに続けることを心がけました。

 

そして自宅でできるヨガを探しながら、まず自分が憧れている華奢で美しい石田ゆりこさんのポスターをトイレとキッチンの壁に貼りました。すると、トイレに行くたび、キッチンに立つたびに自然と目に入ってきて、良い刺激に! 私のダイエットに対するモチベーションがぐんと上がりました。

 

YouTubeヨガチャンネルを活用

YouTubeを見ながらヨガをしているイメージ

 

私はYouTubeのヨガチャンネルを活用することにしました。テレビモニターでYouTubeを見ながら毎晩20分ほどおこないます。

 

いくつかのヨガチャンネルを試しましたが、私が一番気に入ったのは チャンネル登録者数が約136万人もいるもの。元バレエダンサーの先生による優美なポーズと丁寧な説明が魅力的なヨガチャンネルです。骨盤矯正、肩甲骨をほぐすヨガ、痩せるフローヨガ、腰痛解消ヨガなど目的別プログラムになっており、1レッスン15~20分ほど。

 

その日の気分に合わせてレッスンを選んでおこないました。そのなかで私が気に入ったプログラムは以下のものになります。


・「首凝り、背中周りがみるみるほぐれるヨガ」
・「骨盤矯正ヨガ」
・「脂肪を落とすダイエットフローヨガ」

 

体に変化!心身ともにリフレッシュ

和食のイメージ

 

ヨガを始めてから少しずつ体に変化がありました。

 

ヨガ7日目……自分の体幹が強化されていくのを感じられるようになり、日常生活で良い姿勢をキープしてもつらさがなくなってきました。
ヨガ10日目……体の可動域が広がり、気持ち良くストレッチができるようになってきました。
ヨガ30日目……ヨガの呼吸法のおかげで酸素が体内いっぱいに行き渡っている感覚が。心身の整え方をマスターし、健康食を意識するようにもなりました。

 

以前は、ストレスのせいか揚げ物、お菓子類をよく食べていたのですが、食事の内容が変わり、間食も減りました。ヨガのポーズは自律神経のバランスを整えてくれると聞きますが、そのとおりだと思いました。朝は香味野菜(ネギ、ミョウガ、大葉、かいわれ大根、オクラ)を豆腐や納豆と一緒に。夜は和食を心がけています。香りにはリラックス効果があるといわれているので、ルイボスティー、ゆず茶、ジンジャーティなども愛飲するようになりました。レモン果汁を絞った炭酸水もよく飲んでいます。

 

まとめ

1カ月続けた20分ヨガ。マイナス3kgのダイエットに成功しました。3kgとはいえ、見た目の変化は一目瞭然です。おなかの出っ張りが解消され、デコルテもスッキリしてきました。

 

寝る前にたったの20分ヨガをおこなうだけで心がリセットされ、嫌なことがあっても、大したことないじゃん!と前向きになれます。これからもヨガを続けていきたいです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:KANKAN

マイペースな夫、思春期の娘、甘えん坊の息子と暮らすアラフィフ。巣ごもり生活のなか、子どもの本棚にあった歴史マンガを読破し、史跡巡りが趣味に。息抜きは、姉妹との長電話。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP