「どんどん歯が抜けた…」40代半ばまでに歯を4本失った私がしっかりかめるようになるまで【体験談】

私が子ども時代を過ごした40年前は、当時の歯医者さんによると「虫歯は削って治すもの」という考え方が主流だったようで、虫歯の治療ではとにかく歯を削られました。特に奥歯が虫歯になりやすかったため、主に奥歯が削られていきました。やがて奥歯のほとんどが削られ、歯を削った箇所に補う形で銀歯(金銀パラジウム合金)が埋められることに。銀歯だらけの奥歯で長年持ちこたえていましたが、やがて悲劇が訪れました。今回は4本の歯を失ったアラフィフの私が、インプラントでかめるようになるまでをお話しします。

歯が抜けたイメージ

 

続きを読む

4本の歯を失い、200万円かけてインプラント治療

インプラント治療体験マンガ

インプラント治療体験マンガ

30代後半に2本の歯が抜ける

当時の歯医者さんの腕が悪かったのか、私の銀歯はとにかくよく外れました。大人になってからもそれは変わらず、銀歯が取れては付けてもらいに歯医者に通っていました。銀歯が何度も取れることで銀歯と接着していた歯が欠けたり、2次虫歯になったりして、白い歯の部分がどんどん減っていきました。

 

銀歯部分がどんどん増えていき、30代を迎えるころには下の歯左右奥歯4本はほぼ銀歯になってしまいました。そして30代後半、ついに悲劇が訪れました。右奥歯に詰めた銀歯が取れたと同時に、支えていた根っこの歯も折れてしまったのです。すぐに入れ歯を作ってもらいましたが、1日に何度も外れて挫折。その直後、さらなる悲劇が起こりました。入れ歯の金具を引っかけていた、右下奥から2番目の歯がグラグラしたかと思ったら、あっけなく抜けてしまったのです。

 

短期間で2本の奥歯を失った私は呆然としましたが、すぐに取れる入れ歯はもう入れたくないので放置する決断をしてしまいました。もちろんインプラントという選択肢もありましたが、当時は高額ゆえにすぐに諦めたのです。今から思えば、このときに放置せずに入れ歯かインプラントを入れていたらよかったと思います。しかし、すべては後の祭りとなってしまうのです。

 

40代半ばにさらに2本の歯が抜ける

30代に右奥歯2本を抜けたまま放置した私は、その後約7年間ずっと左でかむことになりました。右の奥歯が連続で2本抜けている状態では、右の歯でかむことはほぼ不可能だったからです。

 

そして7年後、さらなる悲劇が起きました。左奥歯1本と右から3番目の奥歯が、立て続けに抜けたのです。歯医者さんによると、7年間も左ばかりでかんだからほかの歯に負担がかかったことが原因とのこと。自業自得とは言え、合計4本の歯抜けとなった私は、すっかり気持ちが暗くなってしまいました。

 

次の章で、インプラント治療についてお伝えします。

 

インプラント費用は200万円!高額だけど…

夫と相談した結果、インプラントを選択することに決めました。入れ歯も考えましたが、ほかの歯を一切傷つけないで長持ちするインプラントが一番良いと判断したのです。

 

しかしインプラントの治療費は、私の地元で最も実績がある歯科医院の施術を受けると1本50万円で4本で200万円! 1本20万円ほどの格安インプラントにしようか悩みましたが、人生100年時代、まだまだ人生が長いことを考えて実績のある歯科医院を選択。

 

費用は生活費や夫婦共同財産からは出せないため、自分の貯金を取り崩しました。あまりにも痛い出費でしたが、仕方ありませんでした。ほぼ1年がかりで、インプラント4本の埋入が終了。上部構造を付けたその日に普通に食事をしてもいいと言われ、夕食を食べると本当に普通にかめました。約8年ぶりに両方の歯で楽しめる食事は、大げさではなく感動モノでした。

 

しばらくは舌をかんだり頬のお肉をかんだりとバランスが悪かったのですが、徐々に慣れていきました。

 

インプラントが欠ける!歯科医師の対処法とは…

やっと普通にかめる生活を取り戻せたと安心した矢先、なんと右下奥歯部分のインプラントが2本とも欠けてしまいました。すぐに新しいものと付け替えてもらえましたが、割れた理由は左右の歯の長さが違うからとのこと。

 

私は右下奥歯2本が抜けたまま7年も放置したので、右上の歯がかなり伸びてきてしまい、右下奥歯2本の場所に短いインプラントしか入れられなかったのです。左右の歯の長さが極端に違うため、バランスが取りにくいとのこと。

 

このままではまた割れてしまうかもしれないと判断した歯科医師は、右下奥歯2本と左下奥歯部分のインプラントをセラミックからジルコニアに変更。ジルコニアはセラミックに比べて頑丈な素材で、奥歯の上部構造に使うにはうってつけとのこと。色が白過ぎるのでやや不自然ですが、奥歯ならあまり人から見えないので大丈夫だそう。

 

歯科医師の言うとおり、ジルコニアに変えてからは再び平穏な日々が訪れました。左右両方とも全部歯があってしっかりかめることは、私にとって幸せそのもの。一度大量に歯を失った者しかわからない幸せだと思います。

まとめ

30代後半に2本・40代後半に2本と合計4本の歯を失った私ですが、49歳の現在はおいしくごはんが食べられています。インプラントが割れたときはどうなることかと思いましたが、なんとか対処できてよかったです。

 

歯が抜けたまま放置するとほかの歯に負担がかかってどんどん歯が抜けることも学んだので、これからは歯医者にこまめに通おうと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

監修/川田悟司先生(川田歯科医院院長)
マンガ/しおみなおこ

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:neko

夫と両親の4人暮らし。バツイチ。コロナ禍で趣味の外食ができなくてストレスをためている。増加する一方の白髪と体重に悩み中。アトピー性皮膚炎。健康体の80歳を目指している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    医療の新着記事

  • PICKUP