「左腕が痛くて動かない!」ある日、突然襲った痛みの原因とは【体験談】

突然、左腕のひじが胸より高く上げられなくなりました。会社の上司から「自分が五十肩と診断されたときは、腕を上げるのに半年かかったよ」と言われ正直ビックリしましたが、病院に通ったら違っていました。私が診断された内容、若いときと同じと思っても無理だったことを実感したできごとを紹介します。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

突然、左腕が動かない!!

いつもどおり朝起きて夫と自分のお弁当と朝食を準備し、身支度をして原動機付自転車で通勤と何事もなく出勤した日のことです。会社に到着して今日の段取りや予定を確認後、自分のデスクに座ったらなんと、左腕が上がりません。

 

左腕が上がらないと感じますが、動かしてみると左ひじを上げると左肩付近に痛みがあります。自宅や通勤途中には左ひじを上げる動きをしなかったのか、それまでは痛みは感じませんでした。職場のデスクに座って棚のファイルを取ろうと思ったら、痛くて左ひじを上げられないことを実感しました。

 

一度痛みを確認してしまうと、痛みが気になって仕事どころではありません。左ひじをどう動かしたら痛いのか具体的に確認開始です。左腕を下方向に伸ばし肩と平行になるように上げていくと、下45度くらいで左肩に激痛が走ります。前後左右どの方向にあげても同じくらい痛いです。前腕(腕のひじから手首までの部分)は上げても痛くありません。左ひじを上げなければ良いということがわかりました。

 

ということは、手のひらは顔の高さまでは上がります。顔の高さより高いところはデスクの椅子から立ち上がれば何とかなりそうです。しかし、実際どこが痛いのかというとまだわかりません。とにかく、左の肩周りのどこかが痛いのです。

 

痛い腕をかばいながら仕事を続行

痛いイメージ

 

始業時間になり、いよいよ仕事開始です。不自由ながら仕事はできるのですが、左腕をかばうので動きが変なのでしょうか? 無意識にひじを上げてしまって「痛い!!」を連発していると、上司から「腕が痛いの? 五十肩?」と聞かれました。

 

この「五十肩」という言葉のインパクトが強すぎてショックが電気のように体に走ります。どうして病名に年齢を入れるのでしょうか。上司も体験したらしい五十肩。その上司が言うには、「病院に行ったら五十肩って言われて電気治療や漢方薬をもらったけど効き目がなくてズーッと痛いままで、痛みがなくなるまで半年くらい痛かったよ。半年だったら早いほうらしいよ」とのこと。

 

このまま半年もひじが動かなかったら仕事も家事もどうしようかと不安だらけです。就業時間は17時半まで、早退して病院に行こうかと思うくらい左肩がどんどん痛くなり、左ひじが上がらないことが不便。しかし、上司の話と左ひじを動かさなければ何とかなることから、就業時間までは仕事をすることを選びました。

 

帰り、不安があるまま原動機付自転車にまたがりました。左ひじが前には行きますが45度は過ぎないようで痛くはありません。無事、自宅に到着できました。家事は本日休み、ごはんも残り物で何とか過ごし、お風呂にゆっくりと浸かることにします。

 

左ひじを動かして左肩が痛いならお風呂で温めると良さそうな感じがしたのでゆっくり浸かり、明日は肩の痛みが治っているように祈り、早めに寝ることにしました。

 

翌朝、左腕がまったく上がらない!

受診のイメージ

 

翌朝、目覚めてビックリ! ベットから起き上がろうとすると、左腕が痛くてまったく動かせません!! 左ひじを体から離すと左肩に激痛が走ります。左手を動かさないようにかばいながら、やっとの思いで起き上がります。

 

昨日は左ひじがまだ下から45度動かせましたが、今日はそんなもんじゃなく下から5度も動かそうものなら痛いのです。体から左腕が離れると痛いのですから仕事などできるはずがありません。身支度さえも大変で、着替えも顔を洗うのも歯を磨くのも右手だけです。右利きなので利き手が動かせることは、ありがたいのですが左手が動かせないことの不自由さを実感します。

 

当然、朝の家事など何もできずに会社は休みをもらい、整形外科に向かうことにします。しかし、夫がどうしても外せない用があるので自力で病院に向かうことになりました。

 

病院の診察で加齢のためと言われる

受診のイメージ

 

整形外科に到着し待合室で待っていると名前を呼ばれ、いよいよ診察です。診察で症状を伝えると、先生が左肩の三角筋(肩を覆う筋肉)の付け根と上腕二頭筋(力こぶの筋肉)を軽く触ったのですが、それだけで痛みを感じました。

 

そのときは五十肩だろうと思っていたので「長引くと嫌だな」と考えていました。診察時に先生より「何か特別なことをしませんでしたか?」と問われて、先週1週間は勤務先で書庫の整理をし、ダンボールの上げ下ろしをおこなったこと、書庫の整理は半年に1度の通常業務で今までは何もなかったことも伝えました。

 

その後、いよいよレントゲンを撮り診断です。診断は「加齢による腱の炎症から来る痛み」。先生からは「加齢によって首や肩の腱が炎症を起こしているから無理しないでね」と言われました。さらに先生からは、「今までできたことでも筋肉が弱ってくる年齢だから無理しないように。筋肉の老化予防にストレッチすると良いよ」と念を押されました。このときは電気治療、首と肩のストレッチ、腱を柔らかくなる薬を処方していただき、その日の夕方には左手を.少し動かせるようになりました。

 

まだ、完全ではないですが夕飯の用意や片付けなどはできるようになり左手を動かせることのありがたさに感謝。翌日までは違和感が残っていましたが1週間ほどでなくなり、通院も1回きりで終わりました。同じことを定期的におこなっていても、年齢が高くなるに従って無理ができない体になっていることを実感したできごとでした。

 

まとめ

今回は五十肩ではなかったようで長期戦にはなりませんでした。しかし、今までとおり通常業務をおこなっていただけなのに、加齢により腱が炎症を起こすことがあるなど考えたこともなかったのでショックを受けました。自分は若いつもりでも、体をいたわらなければならない年齢になっているのだということを実感しました。

 

これからは、年齢を自覚し体に無理をさせないように行動していきたいです。でも、年齢を言い訳にできないことを増やすのは嫌なので、今回教えていただいたストレッチなどを継続して筋肉が衰えない努力をおこなっていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:kimiko♪

子どもたちも独立し、大人2人と猫3匹でゆっくりと田舎で暮らしている。健康状態は悪くないのか気が付いていないのか元気だが、肌と体の衰えに悩んでいる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶