2歳を過ぎても使える!実際に役立った育児アイテム3選

2017/09/02 21:00
育児アイテムのなかでも長く使い続けているアイテムが、マザーズバッグと抱っこひも、ブロックです。それぞれジャンルは違いますが、2歳を過ぎた現在でも使い続けている貴重なアイテムたちです。長く役立つものだからこそ、満足いく商品を選びたいところ。よく吟味して商品を選ぶことで、賢いお金の使い方ができます。

 

さまざまな育児アイテムのなかで、2歳を過ぎても使える育児アイテムがあります。育児中の私も、今だからこそ思えることなのですが、いくら期間限定とはいえ2年以上も使うアイテムです。満足のいくものを選びたいと感じました。今回は、筆者が実際に長く愛用している育児アイテムを厳選してご紹介します!

 

やっぱりコレ!「マザーズバッグ」

妊娠中にマザーズバッグをワクワクしながら選ぶママも多いのではないでしょうか?もちろんデザイン性も重視したいですが、やはり機能性も大事です。

 

私が使用しているルートートの「マミールー」のマザーズバッグ使用歴は5年以上。1人目、2人目と使用していますが、破損することなく使えています。マザーズバッグの選び方は好みにもよりますが、やはり丈夫で軽量であることが第一。さらに両手が空くトートと斜めがけが可能な2WAYタイプがおすすめです。

 

肩腰の負担が軽い「抱っこひも」

私が買い物に失敗したアイテムが、抱っこひもでした。抱っこやおんぶなんて少しの間だと思い、安価な抱っこひもを購入したのが間違いでした。

 

そこでエルゴの抱っこひもを再購入。少々値段は張りますが、肩が凝りにくいので気に入っています。新生児用のパッドなど、オプションも充実しているので、成長に合わせた使い方ができるのも魅力。2歳を過ぎた今でもおんぶひもが役立っています。


長く使えるおもちゃナンバーワン「レゴブロック」

月齢に適したおもちゃを購入していくうちに、家はおもちゃだらけになっていました。せっかく買ったおもちゃも、数日使えばすぐ飽きてしまうことも。

 

そのなかでも、わが子が飽きずに遊んだ唯一のおもちゃが「レゴブロック」です。とくにレゴデュプロシリーズがおすすめ。1歳半ごろ~5歳まで長く使うことができますよ。子どもの創造力次第で何通りものブロック遊びが楽しめるうえに、動物や食べ物などシリーズの互換性があるのも魅力です。

 

 

長く使えるアイテムだからこそ、よく吟味して買い物をしたいですね。先輩ママのアドバイスを参考に、2歳を過ぎても役立つアイテムとそうでないものを見極めるのもコツです。すると、賢いお金の使い方ができるはず!?(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 18
  • 4
  • 13
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。