40代のダイエットに大切なことは? 無理なく楽しみながらできる方法で2kg減量【体験談】

30代で高止まりした体重。年を重ねた諦めもあり、高止まりのまま何とか維持していましたが、40代に入り突如増加傾向に。増える数字に焦りつつ、運動と縁のない40年を過ごした私に今さら激しい運動などできません。食事制限だけでは、維持はできても減ってはいかず、40代の痩せにくさを痛感していました。そんな私が2kgの減量に成功し、今も下降を続けるグラフをにんまり見つめられるようになったダイエットの体験談をお話しします。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

40代のダイエットに大切なことは? 無理なく楽しみながらできる方法で2kg減量【体験談】

 

続きを読む

今までなら食事制限で減っていたはずが…

食べる量は変わらないのに、止まらない体重増加に焦った私はダイエットを決意。運動はしたくないので、食事制限にチャレンジしました。しかし、今までなら食事制限だけで減っていたはずの体重が、まったく動きません。増えはしないものの、一向に減る気配がないのです。

 

もともとたくさん食べるほうではないため、減らす量にも限界があり、食事制限のみのダイエットは断念。基礎代謝の減少を潔く認め、嫌々ながら運動を組み入れたダイエットを計画しました。運動までするのだから、油断している30代には勝てるくらいになってやろうというアバウトな目標を掲げ、いかに続けられるか、いかに苦痛を味わうことなく運動をおこなうかを第一に方法を模索しました。

 

楽しみは最大に、苦しみは最小に

体重計に乗っているイメージ

 

私が考えたダイエット方法ですが、筋トレと有酸素運動を毎日交互におこなう、これだけです。 食べ過ぎには気を付けましたが、食事制限はしていません。どちらも寝る前に、筋トレは20分ほど、有酸素運動は30分ほど。これを毎日続けます。 

 

それぞれのメニューですが、私はNintendo switchのゲームでおこないました。筋トレは「リングフィットアドベンチャー」、有酸素運動は「ジャストダンス2020」というソフトです。リングフィットアドベンチャーはステージクリア制。2つのステージをクリアするとだいたい20分です。ジャストダンスは30分踊り続けるプレイリストがあり、画面のお手本をまねして踊ります。ゲームなので、夢中になっている間に終わります。これを4カ月続けた結果、体重は2kg落ちました。たった2kgですが、筋トレをするので、目に見えて体のラインが違ってきます。

 

その証拠に体脂肪率は31%→28%と減少。体重50kgの私の場合ですと、体脂肪率1%の重さは500gです。 体重も減っているので厳密な数字ではありませんが、体脂肪だけで1.5kg減。普段はいているズボンがゆるゆるになりました。

 

継続は工夫なり! できない理由を消す

ランニングしているイメージ

 

運動で疲れる上、日々変化する体重に一喜一憂していては精神がもたないと思ったので、数字は気にしませんでした。乗るだけでスマホに体重を記録し、グラフも作成してくれる体重計を購入し、1週間ごとの増減を見るに留めます。とにかく運動を習慣化することにすべてのエネルギーを注ぎました。また、このダイエットは一歩も外へ出ずにできることも継続しやすいポイントです。

 

家でおこなうので、運動神経が残念な私でも人目を気にせずできますし、天気にも左右されません。お化粧も日焼け止めすら塗る必要がなく、時間も自由。夏の間はその日着ていたTシャツのまま運動し、終わったらすぐにお風呂へ。運動のために着替える手間も省き、洗濯物も増やさない。運動をやめる言い訳になりそうな事柄を徹底的につぶしました。

 

よーしやるぞ!のモチベーションが毎日続けば良いですが、人間だもの、そううまく自分の機嫌を取れる日ばかりではありません。ただ、乗り気でないときでも、やらない理由が見つからなければ何とか重い腰を上げることができました。

 

まとめ

-2kgのダイエットに成功して、40代のダイエットに大切なのは、無理をしないことだと感じました。体を壊せば回復にも時間がかかりますし、疲れたからといって用事が消えてなくなるわけでもありません。私は、どうしてもしんどいときはお休みしました。ただし、2日続けて休まない、週に3回できなければおやつなしなどのルールを決めて取り組みました。

 

いかに嫌なことを減らして、楽しいことを増やしながら続けるか。そこを押さえたダイエットは、成功する確率が高いと身をもって実感しました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。


イラスト/村澤綾香

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:もこもこぺん

夫と小学生になる息子の3人暮らし。近居の義父母から家庭菜園で取れたおいしい野菜や、おかずのおすそ分けをいただくうちに肥大化。一向に体重の変わらない夫を恨めしく見つめる日々。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP