「今までの服に違和感…」ファッション迷子に!好きな服が似合わなくなり気付いたこと【体験談】

若いころは自分が気に入って選んだ洋服は、試着してみるとイメージどおりに似合うのが常でした。そのため、洋服を選ぶときに自分の好きな色やスタイルを選んでおけば問題なかったのですが、40代後半になると良さそうと思って着てみても、なんだかイメージと違うことが少しずつ増えてきました。私が感じたアラフィフのおしゃれの難しさと新しい気付きの体験談です。

 

続きを読む

若いときは自分が好きな洋服=似合う洋服

学生時代から洋服に関心があり、ファッション雑誌を買ってはチェックするのが好きでした。仕事を始めてからは自由になるお金が増えたため、お給料の主な使い道は好きな洋服を買うこと。ヨーロッパの高級ブランドにはあまり興味がなく、アメリカンカジュアルが好きで自分にも似合っていたように思います。

 

友人とショッピングに行くと、「いつも似たようなスタイルの服を買っている」と指摘されていましたが、欲しいと思うのは好きなスタイルの洋服になってしまうもの。そして、好きなスタイルの洋服は試着するとほぼイメージどおりで、だいたい似合っていたのです。

 

好きな色はベージュ、カーキ、ネイビー。当然、購入する洋服は好きな色が多くなります。私のクローゼットの中は、いつも同じような色の洋服でいっぱい。どちらかというと目鼻立ちがはっきりした顔なので、派手に見えてしまうビビッドな色の洋服はほとんど着ませんでした。30代はもちろん、40代の中ごろまでは、20代から愛用していた色やスタイルのファッションを継続していてもさほど違和感はなかったのですが、40代の後半から少しずつ変わってきたのです。

 

50歳を前にして違和感を覚えるように

ファッションのイメージ

 

アラフィフと呼ばれる40代後半になって、これまでと同じような感覚で選んだ洋服を試着してみると、なんとなく違和感を覚えるようになりました。どんな違和感かと聞かれると具体的に説明するのは難しいのですが、「なんだかしっくりこない」という感じです。体型が変わったわけでもないし、ヘアスタイルやメイクを変えたわけでもありません。今までなら自分のイメージどおりに着こなせていた洋服が、試着室の鏡の前で「なんか違う」という結果になることが増えたのです。

 

色についても同じことが起こりました。ベージュやカーキを着たら地味な雰囲気になり、おしゃれというよりは老け込んだ感じに見えてしまう。ワードローブのほとんどを占めている大好きな色なのに、似合わなくなってしまったら着るものがなくなって大問題です。

 

だからといって、すぐに別の色の洋服に切り替えることはできませんでした。若いころからずっと同じような色味の洋服ばかりを着てきた私には「違う色を選ぶ」ということが難しく、ほかにどんな色が自分に似合うのかさえよくわからなかったのです。

 

次の章で、ファッションについて新しい気付きができたことについてお伝えします。

 

他人から見た自分のイメージという気付き

ピースしているイメージ

 

ファッションで迷子になっているとき、仲の良い伯母とショッピングに出かける機会がありました。いつものように好きなスタイルの洋服を試着しようと選んだ私に、伯母は「こっちのほうが似合うんじゃない?」と言いながら、丈が長めの女性らしいラインが出るフレアのワンピースを見立ててくれました。そのワンピースはベースの色こそネイビーでしたが、オレンジやグリーン、パープルといったビビッドな色の抽象的な柄が入った、自分では絶対に選ばないようなものでした。一瞬「えっ、これ?」と思いましたが、せっかく伯母が選んでくれたので断るのも悪いと思い、とりあえず試着してみることに。

 

試着してみてびっくり! 似合うのです! ネイビー単色だと暗く見えがちになっていたのが、ビビッドな柄が差し色のような感じになり、50歳に手が届きそうな私が着ると明るく元気に見える。また、それまで好きだったゆったりしたカジュアル系とは異なり、女性らしい印象のラインのワンピースは「大人の女性」という自分を演出してくれました。「落ち着いているのに老け込んだ感じはしない」、50代はこんなイメージのファッションを目指したいと思いました。

 

まとめ

伯母とのショッピングの経験から、洋服を買いに行くとお店の人に私に似合いそうなものをおすすめしてもらうようになりました。すすめられた洋服をすべて鵜吞みにして購入するわけではありませんが、他人が考える私に似合いそうな色やスタイルを試着してみることで、新しい“気付き”ができて楽しいです。また、すすめられたアイテムから自分に似合う色の組み合わせも学ぶことができて、私のクローゼットの中には少しずつさまざまな色が増えてきています。

 

好きだった色やスタイルの洋服がなんとなく似合わなくなってきたように感じ始めたころはちょっと落ち込みましたが、今は自分の好みに固執するのではなく、年齢が上がった自分に合うスタイルや色を見つけておしゃれを楽しめば良いのだと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:ST

更年期と戦いながら外資系企業で働く営業ウーマン。若い子に置いて行かれないように必死で頑張るも、年齢のせいか最近は物覚えの悪さに拍車がかかり、厳しい毎日。家族は夫と猫1匹。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP