「おなかのぷよぷよを撃退!」三日坊主の私でも続けられたアイテムで体に変化が!【体験談】

加齢とともにやせにくくなったとは感じても、食べずにやせるのは人生の楽しみが失われてしまう……。そんなふうに感じていた40代女性が、衝動買いしたあるマシーンによって見ごとに悩みを解決した体験談です。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

おなかが出ているイメージ

 

30代まで……いいえ、40歳ころまでは、ウエストが気になってきたらちょっと食べ方を意識すればなんとか元のウエストへ戻っていました。しかし、40歳過ぎてから2年くらいの間に、この腹周りは食べ方を意識しただけでは脂肪が減るどころか増える一方。もうウエストなんてすてきな名前ではなく「腹周り」としか呼びようがないような状態に変わってしまったのです。そんな私のぷよぷよボディに変化をもたらしたマシーンをご紹介します。

 

40歳までの私は太らなかったのに…

食べているイメージ

子どものころから細いのに大食いでした。3歳上の姉よりも食べ、幼稚園のころから食事はしっかり大人の一人前食べていたのに、私はずっと細かったのです。それは20代も。30代も。もちろん多少の増減はあったものの、ずっと私は太りませんでした。

 

しかし、40代に入ったころから、だんだんと「あれ? 戻らないなぁ」と思うことが多くなってきました。とはいえ、私は食べたい物は食べたい! おいしい物は我慢したくない!と、見て見ぬ振りをしてきました。

 

そんななか、新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活がスタート。私は、1日3食の食事に普段なかなか挑戦できないパンを焼いたり、具だくさんのパスタを作ったり、合間にはケーキやホットケーキを焼いてはおいしくいただいたり……。すると、それに比例するように、私のウエストも変化。まさに「腹周り」と呼ぶにふさわしい、ぷよぷよしたおなかとなってしまったのです。

 

初売りで、あるダイエットマシーンを衝動買い

セールの時に買い物しているイメージ

 

そんな腹周りも、今までならばちょっと食べ方を意識するだけですぐに戻ってくれたのに、加齢のせいか一向に戻る気配はありません。それどころか腹周りだけには収まらず、体全体が脂肪という服を重ね着したようになってきました。しかし、私は食べるのを我慢するのは人生の楽しみを失うようで嫌なのです。

 

そんな悩みを抱えていたお正月、息子と行った初売りで「ドクターエア3Dスーパーブレード」が目に留まりました。お値段59,800円が、初売り価格で54,800円となり、お正月の特別な雰囲気に背中を押されて思わず購入してしまいました。

 

しかし、なにせ私は面倒くさがり。すぐに家に届いたマシーンも結局、初めて稼働したのは真夏の8月でした。その日、私はただブルブルと動くマシーンに10分間乗っただけで、あっさりと就寝。しかし、なんと次の日、あの腹周りが違うのです!! 触っただけでスッキリしているのがわかり、いつもズボンの上に乗っているぜい肉が控えめになっていました!

 

次の章で、4カ月間使用を続けた結果をお伝えします。

 

三日坊主の私でも続けられた結果…

おなかがスッキリしているイメージ

 

たった10分間ブルブルに乗っているだけなので、三日坊主の私でも4カ月間、毎日欠かさずに続いています。しかも10分を15分に時間を増やしても何の苦にもなりません。今日はブルブルしながら何の動画見ようかな? 何の曲聞こうかな?と、寝る前の楽しみとなっています。

 

体の変化はぜい肉が減っただけではありません。体幹が鍛えられたのでしょう。何をするのもラクになっていくのを実感し、ちょっと移動するのにも自然に小走りしています。

 

そんなある日、家族の法事がありました。喪服は小さめで、法事のたびにキツイ喪服を着なければなりませんでした。ワンピースのファスナーは決して上まで締まることはなく、いくら暑くても上着を脱ぐことは許されない喪服です。今回は冬でよかったーと喪服のファスナーを上げると、何と上まで簡単に締まるではありませんか! そう、おなか周りだけではなく、全体的に痩せていたのでした!

 

体幹が鍛えられたおかげか背筋が伸びたこともあるせいか、「痩せた?」と聞かれることも増えました。

 

まとめ

新陳代謝が落ちるといわれている更年期世代は、今までと同じ生活では体型を維持できないと感じていました。だからといって食べ物を控えることは決してしたくない私でしたが、勢いで買ったマシーンが見事に成果を出してくれました。

 

そして、ただ痩せるだけではなく、体幹が鍛えられている点についても、とっても満足しています。これからも、毎日ブルブルしながら元気な50代を目指していきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事内の価格表記は、すべて消費税込みの価格です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:パル

シングル。高校生の息子と亡き夫に支えられて、前向きに暮らしている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶