「若いころと一緒ではダメ!?」痩せにくくなった40代ならではのダイエットで5kg減!【体験談】

若いころは食事を抜けばすぐに落ちていた体重も、年を重ねるごとに落ちにくくなり、気付けば至るところにぜい肉があふれ出て、服では隠せなくなっていました。「このままではヤバイ……」と思い、ダイエットをしてみましたが若いころとは違いまったく痩せず、どのダイエット法なら確実に痩せられるのか頭を抱える日々。そんな体型の崩れに悩み、痩せにくかった私の体験から、効果のあったダイエット法をご紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

体重計を見ているイメージ

 

私の体型の悩みランキングTOP5は…

アラフォーの私の体型の悩みトップ5はこんな感じでした。

 

①「おなか周り」 →二段腹が服でごまかし切れない!
②「脚」→両脚の間に隙間がない!
③「おしり」→肉が垂れているので足が短く見えちゃう!
④「背中」→後ろ姿が悲しい! はみ肉が隠せていない……。
⑤「二の腕」→ぷるぷる揺れる~。

 

ゆとりのある服を着たり、丈の長いトップスを着て隠したりしてみましたが、完璧には隠せませんでした。太っていることに変わりはないからです。そんな体型になっても本気でダイエットをしない私は「明日からダイエット~」が口癖でした。そんなダイエットをしても痩せたことのない私が本気でダイエットをしようと決意したのは、大好きなアパレルショップの服が着られなくなったことが最大の理由でした。「私は残りの人生、“隠す服”よりも“見せられる好きな服”を着たい」。そう思って、ダイエットを決行しました。

 

3人産んだ30代は骨盤矯正ストレッチが効果的

私は3度の出産経験があり、出産するたび体重とぜい肉が増加していきました。お金をかけずにダイエットしたかった私は、自宅でできる骨盤矯正ストレッチをおこなうことにしました。私がおこなったストレッチは「あお向けになり、両膝を立てて左右に倒すストレッチ」と「あお向けになったまま、足の裏を床にくっつけ、おしりと腰を上げ下げするストレッチ」などです。これを毎日20回おこなうと、産後太りと腰痛の緩和に効果てきめんでした。

 

きつかったズボンにはゆとりができ、腰も軽くなったように感じます。骨盤矯正のストレッチは、すぐに成果が目に見えるものではないですが、続けたことで産後ずっと悩まされてきた腰の痛みが軽減されたり、体の不調が改善されてきました。

 

なんたって、冷え性で冬は常に腹巻きや靴下が必需品だった私が靴下と腹巻きいらずになったのですから。3度目の出産後の32歳で、1度目の出産前から10kg増えていたのが7kg減って、さらにおなか周りも11号から9号にサイズダウンしてうれしいことだらけでした。

 

次の章では、40代の私に合ったダイエット法を紹介します。

 

年代別で違う!? 40代に合うダイエット法とは

腹筋しているイメージ

 

産後に骨盤矯正ストレッチで痩せたのもつかの間、年々老いにはかなわず、少しずつボディラインの崩れが見えてきました。ダイエットを試みても30代のころ効果があったダイエット法も今は効果がなくなり、ネットで調べたら30代以降は年を取るにつれて筋力が低下するとか……。

 

なら、40歳になった私はなおのこと筋力の低下が加速して、どんどん痩せにくくなっていくのではと。そこで「よし! それなら筋力をつけよう!」と思った私は、3食はしっかり食べつつ1日数分間の筋トレを実行することに。5カ月もかかってしまいましたが、見事に65kgから60kgになり、マイナス5kgのダイエット成功となりました!

 

筋トレといってもハードなものではなく、“ながら運動”で十分。「寝ながら脚上げ」、「スマホ触りながら腹筋」など、ゆるーく運動をし、回数も1日10~20回など、すぐに終わる回数しか頑張りませんでした。

 

ただ、必ず毎日続けることだけを目標にしていました。また、20代のころは1日に1食抜いたりするだけで体重が落ちていましたが、食事を抜くと筋力が落ち、痩せにくくなるとダイエットを専門とした整体師の方に聞きました。筋力が落ちてしまうのは、アラフォーの私にはNG。なので、逆に3食をしっかりとるようにしました。

 

まとめ

30代では頑張ったらすぐに2カ月ぐらいで成果が出て、やる気にもつながっていましたが、40歳にもなると結果が出るまでに時間がかかるように。そのせいで、何度も心が折れていた私。いつも体重の数値ばかり気にして、結果が見えないとすぐに諦めていました。なので、今回は体重計に乗るのは1週間に1回だけに。それだけで「痩せなきゃ」と追い詰められることなく、心にゆとりを持ったままダイエットを続けることができました。そして無理なく気長に体質改善し、痩せやすい体に変えていきました。

 

そのなかで筋力をつけることと、40代になって食生活がどれだけダイエットに大切なことなのかを改めて実感しました。私はすぐに結果が見えなくても、自分のできるところから少しずつ継続していくことで、ダイエットの成功や悩みの解消へとつながりました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:井村 麻美

3人の子どもを持つ主婦。毎日子育てと家事に奮闘中。40代に入り、より一層健康と美容に気をつかうようになりました。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶